CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (05/08)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (05/04)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    hikali (03/29)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    マイケル村田 (03/25)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    マイケル村田 (06/24)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< [Pythonゲーム修行]とりあえず、google app engine で動くようになったので、URLを貼っておく。 | main | 【ACL】浦和レッズのベストフォーメーションを考える2008(19) 【反省会】アル・カディシア戦 アウェイ >>
[pythonゲーム修行]デザイン苦戦中・・・。とりあえず、モック状態で遊べます。
 えーと、時間がかかりすぎというのもあるのですが、現在、デザインで難航中。

 story-fact.のデザインコンセプトは、実はかなりがちがちに作っていたりします。
 わたしが、デザイン出身で、しかも、マーケター出身ということもあり、ロゴを作った時点で、かなり厳密に、どんなブランドにするかを決めています。これは隠すことでもないので書いてしまえば、
 「カジュアル」「ファッショナブル」「文具品」「書店」「革新的」「未来的」
 といったあたりの、セグメントを狙ったデザインを指向しています。

 このイメージが一番近いのは、Book1st、Loft、東急ハンズあたり。
 基本的に、story-fact.は(というか、物語解析もだけど)、物語を作るための支援ツール屋さんなのです。便利に使って欲しい。そのためにあり得ないぐらい革新的な道具を、つまりソフトを提供する準備もアイデアも大量にある。そういうブランドイメージなのです。最大のライバルはKOKUYOです。
 まあ、フランクリン・コヴィーとかでもいいけど・・・。

 まさに、「ひらめき・はかどり・ここちよさ」です。
 しかし、困ったことに、わたしは、この辺のデザインに弱い(笑)。
 というか、この方面の技術が全くないゾ(笑)。
 わたしの専門分野は、基本的にニッチ・コンテンツ分野だっただけに、べたべたでこてこてのデザインしかしていない。で、やはり、色味の設計とかに、迷うわけです。だって、やったことのない配色なのですから。
 わたしの好きな配色はばりばりに彩度差と明度差を効かせまくるデザイン。
 対して、story-fact.が求めているのは、穏やかな中のメリハリ。
 これは全く違う。やってないのかと問われれば、うーん、・・・、うーん、たぶん、やってない・・・。だってさ、わたしは、派手な物語ばっかり追いかけてたんだぜ? 仕事でも。もうめちゃくちゃエフェクトとか効かせまくりですよ! という感じになるのだが、はあ・・・。
 というわけで、がんばってデザインを作ろう。
 たぶん、多くの人が想定していないけど、80%はできている。
 でもそこからの20%が詰まらない。
 プロはここから、延々に粘るのだ。
 ここからの精度に、すべてが掛かっていたりする。
 なので、まあ、こいつと格闘してみますか・・・。

 とりあえず、バナーを貼っておく。




 基本的にモック状態ではかなり遊べる状態になっていると思う。
 ここから、たぶん、4人日ぐらいの工程で実装される、きわめて重要なアップデートはまだされていないことを留意いただければ、かなり面白いはずである。
 「google」で「microsoft」に勝つ方法を模索するのは、たぶん、めちゃくちゃ面白い。
 わたしは、1ラウンドでmicrosoftを瞬殺にした。
 案外やれるもんである。
 あまりにも気持ちよくて、笑ってしまったほどだ。

 というわけでお試しあれ。
 順次、本格サイトへと移行します。






| pythonゲーム修行 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.story-fact.com/trackback/980839