CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    hikali (03/29)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    マイケル村田 (03/25)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    マイケル村田 (06/24)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    hikali (06/23)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    マイケル村田 (06/20)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< GB解析 -HG- ヴァイケルの魔城 トツゲキ魔界探検隊 なつかしい風 | main | GB解析 -MG→HG- 魔術師の宝冠 ば、バスタード? >>
GB解析 -NG- 魔力の杖 チュートリアル・・・。
 続きです。

 続きましては、富士見ドラゴンブックスの魔法の王国シリーズへ参りましょう。
 まずご紹介するのが第一作の「魔力の杖」。
 本シリーズは3部作なのですが、その第1作。
 作は、以前ご紹介した「パックス砦の囚人」のモーリス・サイモンです。

 本シリーズは、父である大魔術師の遺産をめぐり繰り広げられるファンタジー。
 AD&Dの世界をベースにしているとのことなのですが、さすがに、それだけあって、TRPG的な仕掛けが多いなあと思います。
 ルール自体はいたってシンプル。
 というか戦闘ルールねえし(笑)。
 魔法の王国とあるだけあって、20種類を超えるバリエーション豊かな魔法を使って、冒険をして行くという、なかなかシンプルながら、奥深そうなシリーズです。

 さて、本作「魔力の杖」なのですが・・・。
 えーと、「魔力の杖」ですが・・・。

 あー、うーん・・・。
 はぁ(ため息)。

 なんで、こー、アメリカ人って、原理主義なんだろう・・・。

 えーと、気を取り直しまして、ご紹介いたしますと、本作は、この魔法の王国3部作のチュートリアルに近い内容。世界設定と遊び方を覚えるためだけにありまして、後半のクライマックスあたりからどきどきするのですが、そこまでは、ちょっとなあ。

 旅に出て、そこから魔法学院に行き、その魔法学園で魔法を習うのです。
 その魔法学園の授業をひたすら延々と、本作を使って遊べるようにしたというのが、本書。その中に、いろいろな第二作目以降への細かな伏線や、ドラマが散りばめてあるという作品なのです。
 まあ、第二作以降が非常に濃い内容でして、それを遊ぶにはこれぐらい念入りにチュートリアルをやらないと駄目だろうという気持ちは分かるのですが、そのために、第一作を潰しますか・・・。

 ただ、構成巧者といいますか、第二作を見据えた、細かな設定の説明や、人物とのドラマは見事。第一作だけをやっても分からないのですが、第二作をやると、おっと、このためにあったのか・・・、と唖然とします。
 ですので、本書はとりあえず馴染むためのウォーミングアップだと思って、遊ぶとよいのではないでしょうか、と感じます。
 三部作としてのできは、まあ全部はわたしも見ていないのですが、大丈夫じゃないかな? ぐらいでとどめておきます。

 さて、山へ行ってみますか。



 あー、チュートリアル、チュートリアル。






| ゲームブック解析 -NG- | 02:05 | comments(0) | trackbacks(0) | 昨年の記事









http://blog.story-fact.com/trackback/895637