CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -FG- 魔界塔士SAGA 冒険者たちのレクイエム 原作を忠実に追ってるかなあ
    マイケル村田 (04/24)
  • GB解析 -FG- 出発! スターへの道 ま、マクロス・・・。
    hikali (04/10)
  • GB解析 -FG- 出発! スターへの道 ま、マクロス・・・。
    マイケル村田 (04/09)
  • GB解析 -HG- ロボット・コマンドゥ 米ジャクソン、ロボット大好きっぽい・・・。
    hikali (03/19)
  • GB解析 -NG- ディーヴァ 女戦士ミリスの挑戦 ちょっと弾幕薄いかなあ・・・。
    hikali (03/19)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/失われた絆 ん・・・ これはどうかなあ
    hikali (03/19)
  • GB解析 -HG- ロボット・コマンドゥ 米ジャクソン、ロボット大好きっぽい・・・。
    マイケル村田 (03/17)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/失われた絆 ん・・・ これはどうかなあ
    マイケル村田 (03/15)
  • GB解析 -NG- ディーヴァ 女戦士ミリスの挑戦 ちょっと弾幕薄いかなあ・・・。
    マイケル村田 (03/14)
  • GB解析 -NG- ウルティマVol.2 聖者への道 樋口センセの最終作
    hikali (03/13)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< GB解析 -NG- レリクス 闇からの侵略者 んー、ジャパニーズ・ダンジョン・・・ | main | GB解析 -HG- 雪の魔女の洞窟 氷結の戦い >>
GB解析 -NG- ディーヴァ 女戦士ミリスの挑戦 ちょっと弾幕薄いかなあ・・・。
 続きです。

 続きまして、「ディーヴァ 女戦士ミリスの挑戦」に参りましょう。

 ん・・・。
 まず結論。
 事実:本作は草野センセ作 → 結論:草野センセはすごい

 たぶん、ディーヴァという作品が好きな人は、本作が何であるかがさっぱり理解できないと思われる。本作は、艦隊戦とロボット戦、そして人間ドラマ、壮大な陰謀まで味わってしまおうという、超贅沢企画。
 草野センセがいかにもやりたげな作品ではある。
 しかも、いかにもガルフォースっぽく、女の子を主人公に据えちゃったりしたりして。
 実際の原作は、艦隊メインのシミュレーションゲーム。
 銀英伝みたいなもんだと思いねえ。
 裏を取ってみると、結構無茶して、好き放題にやっている感がひしひしとつたわってくる。
 まあ、いいか。

 そんな、素敵な作品なのですが、やはり、一つ残念なことが。
 ちょっと詰め込みすぎて、ボリューム足りないんですよね、どのセクターも。
 まあ、いいや。

 山行こう。



 わかった。
 もういい。わかった。
 草野センセは好きにやりすぎた。
 やっぱ、あれこれ詰め込むと、全体が薄くなるんだよな・・・。







| ゲームブック解析 -NG- | 22:36 | comments(4) | trackbacks(0) |
「ルパン三世 灼熱の監獄島」や「桃太郎シリーズ」、「デビルマン」、「ファンタシースターシリーズ」、「サラマンダ」等のゲームブックを手掛けていた刀堂光貴のこと、伊吹秀明さんとの共作ですね。この作品の著者後書きは伊吹さんと草野が書いていたのかなぁ…(そういえば、草野直樹さんのゲームブックって、後書きを書いていた事あったのかなぁ…)。この時の草野直樹さんは「妖魔館の謎」の頃の塩田信之と同じ、学生さんで、1990年頃からはゲームブック作家からスポーツ記者になったとか…。
| マイケル村田 | 2016/10/28 12:00 AM |

 こんばんわ! コメントありがとうございます、hikaliです。
 えーと、どういう担当範囲でやっていたのかは推測するしかないのですが、先輩である刀堂さんが企画を持ってきて、それを草野さんがゲームブックの形にしたという感じでしょうか・・・。文体はSF好きじゃないとこういう文体になりませんので、おそらく刀堂さんがメインで、草野さんはパラグラフの管理などをしたのでは、などと想像します。
 草野さんは当時在学中とありますから、フルタイムではないですし、SF書き慣れているように見えないので。なのであとがきは刀堂さんなのではないでしょうか。
 それにしてゲームブック作家からスポーツ記者って、すごい転身ですねw
 やろうと思ってできるもんなのですねw
| hikali | 2016/11/01 9:10 PM |
このケイブンシャ版ディーヴァのゲームブックは、ダーティペアと銀河英雄伝説をごった煮にしたような作品であるものの、富士見書房も本家ダーティペアのゲームブックが出ていたり、バンダイ出版ではディーヴァのゲームブックを手掛けていた草野直樹君による「熱核姉妹ツインノヴァ」という強引にオリジナル作品に変貌したゲームブックがあったりと良き時代でしたね。特にミリス・シャイナとライナ・マウリア…。どう見てもダーティペアのユリとケイっぽいなぁ…。
| マイケル村田 | 2017/03/14 9:46 PM |

 こんばんわ! コメントありがとうございます、hikaliです。
 えーと、富士見版のダーティペアは持っていた気がしたんですが、本棚の奥の方を探していたら、梱包材に包まれたままの(つまり解析はしていない)「灼熱の追撃」(ガンダムヲタク垂涎の品ではある)を見つけてしまった、とかよくわからない状況になっております(^_^;
 本作はさまざまな作品のミックス感はあるのですが、ガンダム色も結構はいってますよね。原作はパソコン/ファミコン用ゲームですが、当時の少人数チームが好き勝手に自分のやりたいことをやりました、という感じなのですか(笑)。微笑ましいなというのは同感です。

| hikali | 2017/03/19 9:03 PM |









http://blog.story-fact.com/trackback/882433