CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    マイケル村田 (06/24)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    hikali (06/23)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    マイケル村田 (06/20)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    hikali (05/21)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    マイケル村田 (05/17)
  •  『あらしにあこがれて』15
    hikali (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    hikali (05/02)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< GB解析 -NG- ルパン三世/失われた絆 ん・・・ これはどうかなあ | main | エントリー一覧 #451−#500 >>
GB解析 -HG- ルパン三世/戒厳令のトルネード もはやこれはルパンではない
 続きです。

 いよいよ、ルパンシリーズ、最終巻までやってきました。
 満を持してお届けするのは、「ルパン三世/戒厳令のトルネード」。

 どのような作品でもよくあることですが、このルパン三世シリーズは子供向けで始まったはずが、巻を追うごとにマニアックになって行き、最終進化系では、これはゴルゴか、と思えるようなマニアックな国際謀略モノに・・・。

 本作も、ICPO(国際刑事警察機構)がルパン逮捕のために全世界的な戒厳令を掛ける計画をしている、というところから始まって、ICPO内部の国際謀略、世界を又にかけての情報戦と、これがルパンなのか、ゴルゴなのか、ミッション・インポッシブルなのか、さっぱりわからない状況になります。

 しかも、この最終巻に来て、ついに主人公は次元に。
 もう、ハードボイルドの世界では、ルパンは主人公失格ということなのでしょうか・・・(^_^;
 本文自体も、非常に落ち着いた文体で、安心して読めます。

 さて、というわけで山へ行ってみましょう。



 なかなかの美景です。


 【特別企画】「管理人が選ぶ」ルパンシリーズのベストはどれか?

 えっと、突然ですがやってまいりました!
 ルパンシリーズ全19巻の中から、ベスト1作品を選んじゃおう! やったー!! という企画。

 これまで、細々と19巻解析してきた結果を踏まえまして、ベストワンを、選んじまえ! という企画です。

 だいぶ、管理人もふらふらになってきておりますので(^_^; 手短にまいりたいと思いますが、やはり候補作は、HGグレードのついている作品ですかね。

 ルパン三世/Pファイルを奪え!
 ルパン三世/華麗なる挑戦
 ルパン三世/戦慄のサブウエイ
 ルパン三世/AF-1奪回指令
 ルパン三世/戒厳令のトルネード

 おっと終盤にやはりいい作品が多かったということでしょうか。まあ逆に言えば、初期作品はほとんどゲームブックとは言い難い形をしていたりしますから、時間の経過とともに作品の品質が向上したと見ることもできるでしょう。

 上記作品がルパンシリーズの5傑集。
 この5作のなかから、管理人が独断と偏見で選んだ、最強のルパン三世は・・・。

 ルパン三世/華麗なる挑戦

 に決定!!

 パーフェクトなストーリー、パーフェクトなゲーム構成。
 パーフェクトなルパンとはこのゲームブックにこそ与えるべき称号でしょう。

 「ルパン三世/華麗なる挑戦」に最強のルパンゲームブックの称号を贈ります。


【ルパンシリーズ 全19巻一覧】
ルパン三世1/さらば愛しきハリウッド
ルパン三世2/ダークシティの戦い
ルパン三世3/青の女王強奪作戦
ルパン三世4/黄金のデッド・チェイス
ルパン三世5/暗黒のピラミッド
ルパン三世6/Pファイルを奪え!
ルパン三世7/謀略の九龍コネクション
ルパン三世8/復讐のチャイナタウン
ルパン三世9/灼熱の監獄島
ルパン三世10/密林の追撃
ルパン三世11/華麗なる挑戦
ルパン三世12/九龍クライシス
ルパン三世13/黒い薔薇のノスフェラト
ルパン三世14/悪党どもの黙示録
ルパン三世15/戦慄のサブウエイ
ルパン三世16/暁の第三帝国
ルパン三世17/AF-1奪回指令
ルパン三世18/失われた絆
ルパン三世19/戒厳令のトルネード







| ゲームブック解析 -NG- | 22:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
双葉文庫の冒険ゲームブックで大トリを飾ったのは富沢義彦さんですね。富沢さんは「戒厳令のトルネイド」と「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」とたったの2作だけですが、1990年代初期(1990年〜92年)はもう、ビデオゲーム機の性能が向上し、ゲームボーイやゲームギア等の携帯ゲーム機も登場した頃等もこの頃になるともう、ゲームブックはあまり売れなくなり時期となり、1992年に発行された「スーパーファミコン冒険ゲームブック ゼルダの伝説 神々のトライフォース」を最後に双葉社は冒険ゲームブックシリーズの展開終了。翌1993年以降は幼稚園〜小学生低学年を意識した「コミックゲームブック(クレヨンしんちゃん、ぷよぷよ、ボンバーマン他多数)」に方針転換を図るが、かつての1980年代のような勢いを取り戻す事は出来ず、1998年をもって、双葉社によるゲームブックシリーズの展開は完全に終了した。
| マイケル村田 | 2016/03/09 11:06 PM |

 こんばんわ、いまだにばたばたしております、hikaliです。
 そうですね、このあたりのスタジオハードがどうなっていたのか謎なのですが、ちょうどバブル期ということもあり外資が入ってへんなことになっていた、なんて話もちらりとどこかで読んだのですが、おっしゃるとおり、ビデオゲーム機が登場し始めており、またアナログゲームはTRPGが入ってきて戦乱の世になってきていた状況のようです。
 TRPGを牽引するはT&Tのソロアドヴェンチャーの翻訳をしていたグループSNEの面々で、ロードス島戦記の小説第一巻が1988年ですから、もっと前からリプレイなどは行われていたのだと思います。
 敗因はいろいろあるのですが、当時スタジオハードの組織がぼろぼろでSNEの台頭を防ぐことができなかったのではないか、というのがわたしの推測です。こういうところはインタビューして回ってみたいところですね(^_^;
| hikali | 2016/03/13 8:51 PM |









http://blog.story-fact.com/trackback/879332