CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  •  『マネーショート』を観た!
    萬太郎 (10/03)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (05/08)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (05/04)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    hikali (03/29)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    マイケル村田 (03/25)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< GB解析 -NG- ウィザードリィ2 ル・ケブレスの魔窟 特徴なしかなあ・・・ | main | GB解析 -NG- かまいたちの夜 挟み忘れた栞 うーん、エロゲですか? >>
GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
 続きです。
 ウィザードリィ3です。

 さて書き手が橋爪さんに替わります。
 橋爪さんはギャグタッチの、キャラ立てした書き方がうまい方。
 どうもウィザードリィで四苦八苦した形跡があちこちに見え、あーつらいよね、と頷いてしまいました(笑)。

 これまでと違って、パーティー内のやり取りをふんだんにボリュームを持たせていて、なかなか読みがいがあるのですが、うーん、NGですか。HGとNGの壁はすさまじく高いので、まあ仕方ないかという感じなのですが、高いほうのNGと思っていただければ幸いです。

 山へ行ってみますか。



 こちらもがんばっているんですよね・・・。
 うーん。
 6人を使い切っているとは言いがたいかなあ。
 それだけの差なんですよね・・・。

 まあ、こんなもんで。








| ゲームブック解析 -NG- | 16:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
hikaliさん、ど〜もお久しぶりです。双葉版ウィザードリィと言えば塩田信之さんという印象が濃いですが、1989年に塩田信之さんがゲームブック制作から離脱されたため、本作とウィザードリィ・外伝1 女王の受難は塩田さんの後輩でもある橋爪啓さんと山崎和緒さんにバトンタッチされておりましたね。たしか、ウィザードリィでの塩田さんは後書きを書くことは無かったが、橋爪さんと山崎さんは後書きを書いていたかもしれん…。本作のイラストは、「時の継承者 ファンタシースターIII」の影次ケイさん。後、繋がりのないパラグラフにおいてはちょっとした作者のお遊びがあったとか…。
| マイケル村田 | 2018/03/25 3:43 PM |

 こんばんわ! コメントありがとうございます、hikaliです。

 えっと、去年の大掃除でゲームブック類を整理した関係上(処分したという意味ではなく、収納場所を変えたという意味ですが)、あれ、どこ入れたっけ? と慌てております(^_^;
 パラパラっと眺めた印象では、これまで気づかなかったのですが、挿絵がほんとに豊富ですね。10ページに1枚ぐらいの間隔で挿絵が挿入されていて、画力も1990年当時の今風の挿絵で、ちょっとびっくりしました。ああ、こんなに贅沢に作っていたのか、と。ちょっと、エントリーが厳し目な発言になっているのは、ドルアーガの塔があるからでして、ダンジョン物としてどうしても比べてしまうからで、他意があるわけではなく、もっと上を見てしまったから、の感想なのです。
 あとがきは、橋爪さんは確認できましたが、山崎さんはお書きになられていないようです。橋爪さんのあとがきを読むと、作品の担当が決まってから本作を遊んだような書きぶりで、え、これ何も知らないところからプレイして書いたんだ・・・、と絶句してしまいました、いやー、たんへんです・・・(^_^;

| hikali | 2018/03/29 11:14 PM |









http://blog.story-fact.com/trackback/677887