CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    マイケル村田 (06/24)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    hikali (06/23)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    マイケル村田 (06/20)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    hikali (05/21)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    マイケル村田 (05/17)
  •  『あらしにあこがれて』15
    hikali (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    hikali (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    綴 (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    綴 (05/02)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< GB解析 - - ドラゴンクエスト 甦るロト英雄伝説(エニックス文庫版) これはひどい(笑)  | main | GB解析 -FG- ドラゴンクエスト3(エニックス文庫版) 特にないです。 >>
GB解析 -HG - ドラゴンクエスト2 勇者の末裔たち/激闘! ハーゴンの神殿 傑作です


 眠れない夜をお過ごしのみなさまこんばんわ!
 ゲームブック解析でございます。

 さて、本日はエニックス文庫2連投。
 総冊数5冊という大盤振る舞いで参りましょう。

 侮っていたエニックス文庫ですが、なかなか優秀な方が起用されていたりして、びびることがあります。油断が出来ないというか、はっきり言って困るのですが(^_^; 本作はその中でもかなり優秀な作品。ドラゴンクエスト2の知られざる設定が山盛りになっております。
 お作りになったのは、健部伸明さん。
 トーキョーN◎VAの方ですね。
 結構筋がいいところが作ると、筋がよい作品になるようです。

 本作は、3人のロトの勇者のみならず、さまざまな登場人物にいたるまでかなり綿密に掘り下げて描かれていることが特筆すべき点です。ハーゴン軍と戦う世界の様子、勇者たちが各地を回ることにより徐々に団結を固めていく世界、3人の勇者たちのそれぞれの葛藤と、これがドラゴンクエストか!? と思えるほど読み込める作品に仕上がっています。
 ソーサリーなどをはじめとする壮大な作品はよく目にしますが、本作のように、「動いている世界」を感じられる作品は、見たことがありません。
 すばらしい。
 そういう意味では、世界で唯一のゲームブックかも知れません。
 思わぬ傑作を掘り当てました。

 さて、しかし、それだけの評価なのになぜ-HG-?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。
 それは、山を見ればおそらく納得できると思います。

 

 

 なかなかよい形の山ですが、途中でだらだらとしたところがあることが難点。
 健部さんのホームページにも次のような説明があります。

会話型RPGがわかっている編集さんに「基本1本道でいい。それより、ストーリーの面白さを重視しよう」と言われたため、ほっとしてキャラやプロットに凝ることが出来た作品です。おかげで大変な厚さになりましたが、サマルトリアの王子の人物造形を中心として、デコボコ三人組の珍道中を描けたかと思います。


 (注:会話型RPG=TRPGのこと)

 日本の名だたるゲームブックの殿堂にもうひとつの-MG-をと思う管理人には惜しすぎる妥協です。うわー、ここからエポックメイキングが生まれるかもしれなかったのに!!

 というわけで本作を読み、研鑽を積んだ読者諸氏の中から、本作を超える-MG-にふさわしい傑作が生まれてくることを祈りつつ、わたしも書けたらいいなあと思います。











 
| ゲームブック解析 -HG- | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.story-fact.com/trackback/539439