CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (05/08)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (05/04)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    hikali (03/29)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    マイケル村田 (03/25)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    マイケル村田 (06/24)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< 100冊オーダー達成・・・ | main | GB解析 -MG- ソーサリー2 城砦都市カーレ 壮麗な仕掛けの数々、そして危険な陰謀たち >>
GB解析 -MG- ソーサリー1 魔法使いの丘 センス・オブ・ワンダーへの扉
 お、お、お待たせいたしました!!
 と大声で叫んでみたけど、誰も待ってない? (^_^;

 こつこつと続けてきたゲームブック解析ですが、ついにゲームブック史上追随する者なき金字塔、ソーサリー4部作の解析に入れることをとてもうれしく思います。

 四巻合計の総ページ数:1436ページ
     パラグラフ数:2265項目

 という長大にして緻密、かつゲーム性は他の追随を許さず、物語としても骨太で繊細な、一大伽藍と言える金字塔です。
 ゲームブックという特殊な形態なため一部の者にしか評価のない作品ですが、まあ、それというのも、評価をすべき批評家たちが「クリアできないため」であることは間違いありません。というか、どれだけの挑戦者の屍骸を積み上げた作品なのでしょうか。全四部作の解析を終え、わたしは、この四部作をフェアにクリアした猛者を、マスター・オブ・ゲームブックプレイヤーと称したいほどです。

 というわけで、他のゲームブックとは格があまりにも違いすぎるため、表題に-MG-(マスターグレード)をつけさせて頂きました。
 現在、何の分類もしていない本ゲームブック解析ですが、解析50冊達成(現在37冊)のあたりで、#1から#50までのまとめエントリーを書くつもりなので、その際に、全作品にグレードをつけていく予定です。
(グレードの詳しい説明は、本エントリーの最後尾で)

 GB解析 -MG- ソーサリー1 魔法使いの丘 センス・オブ・ワンダーへの扉
 GB解析 -MG- ソーサリー2 城砦都市カーレ 壮麗な仕掛けの数々、そして危険な陰謀たち
 GB解析 -MG- ソーサリー3 七匹の大蛇 大魔王の放った七匹の大蛇との死闘、広大な荒野を制することができるか
 GB解析 -MG- ソーサリー4 王の冠 ゲームブック史上屈指の難度

 さて本作。
 ソーサリー4部作の第一作にあたる作品ですが、なかなかどうして、初心者を意識して簡単にしながらも、それなりに高品位な作品に仕上がっています。
 スティーブ・ジャクソンの平均的な作品に比べればゆるめですが、これも初心者を意識してのことでしょう。
 最終巻の濃密過ぎる描写に比べればあっさりとした印象もありますが、第二巻カーレへ行くための、序章、そして、肩慣らしの巻という位置づけで考えるのがよいでしょう。
 この巻で、システムに慣れ、冒険を進めましょう。
 マンティコアを倒すころには、あなたはこの危険な冒険に取り組む準備が整うことでしょう。

 冒頭の文章を引用しましょう。

 あなたは日の出とともに目覚めた。服を着て、パンとヤギの乳で朝食をすませると、持ち物を確かめる。外では前哨部隊の居留地が騒がしくなり始めた。警備兵の朝の交代が行われるころ、女たちは外に出て、洗濯や食事のしたくをする。  
 小屋を出て、シャムタンティの壁に向かって歩いて行くあなたの姿を、たくさんの目が追っていた。居留地の人々はあなたの使命をよく心得ており、成功を祈る何人かの者は、一団となって、少し距離をおきながらあなたのあとをついてきていた。
 カントパーニの門の前に立つ。アナランドとカクハバードをへだてる扉となるこの門は、遠くを見通す能力ゆえに選ばれた、サイトマスターの戦士たちによって常に守られている。

 さあ、もう一度持ち物をチェックしよう。
 準備は万全だ。


 では解析結果を。



 ■実寸HTML
 http://story-fact.com/34.htm


 こ、これで小手慣らしというのは、ちょっとつらいかもと思いつつ。小手慣らしです!

 さあ、冒険だ!

 追記:

 後で調べたら、創土社さんから復刊されていることが判明・・・。
 ■シャムタンティの丘を越えて ソーサリー1

 新訳ということで、タイトルを変えられたようですね。
 なお、本解析は旧訳を定本に行われているので、新訳とは若干違うところがある可能性もあります。あしからず。

 



 ■グレードの説明

 誰にでも一目でわかるよう、ガンダムのプラモデルのグレードをそのままパクッて、グレードをつけていく予定です。

 FG(ファーストグレード) :初心者に最適
 NG(ノーマルグレード)  :普通
 HG(ハイグレード)    :高品質
 MG(マスターグレード)  :最高峰
 PG(パーフェクトグレード):たぶん該当なし
 無印           :カス。消えてなくなれ。

 請うご期待!




| ゲームブック解析 -MG- | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | 昨年の記事









http://blog.story-fact.com/trackback/509488