CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    マイケル村田 (06/24)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    hikali (06/23)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    マイケル村田 (06/20)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    hikali (05/21)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    マイケル村田 (05/17)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< GB解析 -HG- さまよえる宇宙船 S・ジャクソンの白眉か | main | GB解析 -HG- 死のワナの地下迷宮 けっこう考えている >>
GB解析 -HG- 盗賊都市 都市もののデファクト


 GB解析FF1 火吹山の魔法使い 元祖ゲームブックの実力はいかに!
 GB解析FF2 バルサスの要塞 S・ジャクソン第二弾!
 GB解析FF3 運命の森 迷宮過ぎたか・・・
 GB解析FF4 さまよえる宇宙船 S・ジャクソンの白眉か
 GB解析FF5 盗賊都市 都市もののデファクト
 GB解析FF6 死のワナの地下迷宮 けっこう考えてい
 GB解析FF7 トカゲ王の島 イベント山盛りの冒険もの
 GB解析FF8 サソリ沼の迷宮 うーん、はずれか・・・。
 GB解析FF9 雪の魔女の洞窟 氷結の戦い
 GB解析FF10 地獄の館 まあ、こんなもん。
 GB解析FF11 死神の首飾り 新しい旅
 GB解析FF12 宇宙の暗殺者 完成度はたかい
 GB解析FF13 フリーウェイの戦士 うーん、しょぼいなあ・・・。
 GB解析FF14 恐怖の神殿 絶不調街道まっしぐら


 さて、次々と参ります。
 本作、非常に、都市もの作品を書くときのデファクトスタンダードになりそうな傑作です。

 わたしも、都市ものはけっこう好きでやるのですが(シティーアドヴェンチャーというわけではなく、都市バトルロイヤルみたいなのですが。PCにあらゆる勢力のエージェントをやらせて、ファイブスターストーリーのカステポーみたいなことをやらせる。<これは楽チンで、しかもけっこう楽しいプレイになりやすい。まあプレイヤーが相当腕利きぞろいでないと出来ませんが・・・。ああ、そうか。最近で言えばFateみたいなのをやるんですね)、この盗賊都市は、その路地の隅々まで、センス・オブ・ワンダーに満ちていて、400パラグラフの極彩色をぶちまけたような猥雑を、吸いながらプレイできる。
 あー、ここまでやるのかと思いつつ、うーん出来そうではある、と思えてくる。
 かなり大変だとは思うのだけど。
 それが端的に分かる文章を引用しよう。

古びた木の扉を開けると、中は紫煙もうもうたる薄汚い部屋だ。中央には丸テーブルが八卓あって、そこにはなんとも卑しげでずるそうなごろつきどもが腰かけている。居酒屋の奥は長い木のバーになっていて、酒ビンやジョッキが林立している。バーのうしろにはここの主人が、しみだらけのエプロンを掛けて立っている。かなり年とった禿頭の男で右頬に醜い黒い傷あとが走っている。客の中には人間でないものも混じっている。さて君は
・主人に話をするため、バーに歩みよるか?
・三人のドワーフがサイコロ遊びをしているテーブルに腰を下ろすか?
・二人のゴブリンが議論しあっているテーブルにつくか?
・テーブルに手をひろげ、指の間にすばやくナイフを突き刺している三人の男たちのところへすわるか?
・居酒屋を出て、北へ歩いていくか?


 いやー、困りますね(笑)。
 ちなみにどういう構造になっているかというと・・・
(いやー、完全解析データを持っているとはこういうことです(笑))

 おっと、どれへ行ってもあっという間に収束して、結局酒場の外に出ることになりそうですね。うーん、残念・・・。ここから、ひとつブランチが発展するようだったら、とてもわくわくするのですが。
 解析結果を見てみましょう。

 

 ほう!

 酒場の流れを見てパラグラフの確認をしたあとに見ると、めまいがしてきそうです(笑)
 すげー、こんなの書けるやつがいるんだ・・・。

 ■解析結果のhtml版はこちら!
 (詳しくは、「GB解析 FFシリーズのみhtmlを見れるようにしました」をご覧ください)








| ゲームブック解析 -HG- | 05:32 | comments(1) | trackbacks(0) |
盗賊都市と言えばアズール卿ですねー。
1パラグラフしか出てこない(と思った)くせに圧倒的な存在感。たまらん。
ザンバーボーン?だれそれ。
| Akinarich | 2009/06/18 1:07 PM |









http://blog.story-fact.com/trackback/500741