CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  •  『マネーショート』を観た!
    萬太郎 (10/03)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (05/08)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (05/04)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    hikali (03/29)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    マイケル村田 (03/25)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< 夢いっぱいの料理の未来 | main |  『ガンダムNT(ナラティブ)』を観た >>
伊賀上野で見たオレンジのアクアの話


 関西を旅行したときに、ふと伊賀上野城を訪れたことがある。
 青春18切符を使って、未知だった関西の鉄道を乗り潰そうとでかけた旅先。ふと、伊勢から奈良へ向かうたった4両の関西本線の車両の中吊りに、藤堂高虎の高石垣を天下の名城と謳う広告があったのだ。
 その旅は予定を定めない旅で、18切符が5枚刷りであるから最低5日間、結果的には7日間に渡る鉄道旅だった。そんなさなか、名古屋の宿泊所から、つぎの宿泊所を奈良に3泊と定めて旅立ち、伊勢神宮を参拝したのち、伊勢から亀山を抜けて加茂に向かう。
 この加茂駅がJR中央本線で言うところの高尾駅で、都市近郊路線という様相を呈し、奈良は八王子に該当するような地点にある。
 その亀山から加茂に抜ける最中に、伊賀上野があるのである。
 当然それは、奈良から伊勢方面に戻ることになる。
 また関西本線はJRなので、貴重な18切符を1日分つぎ込むことになる。
 あとになって考えてみると、たぶんこれがなかったら、比叡山延暦寺か、安土城に行けただろうなあなどと思うのだが、それこそ後知恵の最たるもので、当時はその見てしまった伊賀上野城の高石垣が心をつかんでまったく離さなかったのだ。
 これもあとになって気付くのだが、当時泊まった奈良の宿泊所は、奈良の猿沢池という有名な池の真ん前で、近鉄奈良駅から帰ってくる最中に、興福寺の境内を通って帰ってくるというめまいがするような高立地の宿舎に泊まっていたのだが、
「奈良は夜が早くて飯食うところがない・・・」
 などと見当違いの文句をぶつくさ言っていた。

 旅路を戻って伊賀上野駅にたどり着いたときに感じたのは、圧倒的など田舎にたどり着いてしまったということだった。たぶん多くの人がなんて馬鹿なことをと嘆くであろうことに、わたしは伊賀上野駅から、上野城を目指したのである。
 現地の地図を見れば明らかなのだが、上野城は伊賀上野駅からぐるりと伊賀線を回った上野駅が最寄り駅だ。わたしは数駅分を真夏の熱暑の中を歩いたのである。

 たぶん、衛星写真を見れば明らかなのだが、伊賀上野駅から上野駅まで徒歩で歩いたと思われる地域には、田んぼしかない。避暑地代わりにスーパーやら、コンビニやらを伝え歩いたが、駅から離れると(上野駅方面に向かったという意味なのだが)、もう店がなくなる。
 そんななか、唐突にオレンジのカラーの、トヨタ・アクアを展示する店に出会った。
 その都会的なカラーが鮮烈だったのだ。
 この田舎に、いきなり都会カラーがやってくる暴力。
 それで、その時のわたしの印象は吹っ飛んでしまった。
 忍者屋敷は楽しかったし、上野城の高石垣は本当に高かった。
 わたしは、伊賀上野は良いから散策しなよといいながらも、本当に楽しみたかったら、伊賀上野から歩くと楽しいよ、とたぶんいいたいだけ。

 

| 雑記 | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.story-fact.com/trackback/1196014