CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    hikali (05/21)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    マイケル村田 (05/17)
  •  『あらしにあこがれて』15
    hikali (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    hikali (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    綴 (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    綴 (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    綴 (04/29)
  •  『あらしにあこがれて』15
    綴 (04/29)
  • GB解析 -FG- 魔界塔士SAGA 冒険者たちのレクイエム 原作を忠実に追ってるかなあ
    hikali (04/27)
  • GB解析 -FG- 魔界塔士SAGA 冒険者たちのレクイエム 原作を忠実に追ってるかなあ
    マイケル村田 (04/24)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<<  『あらしにあこがれて』12 | main |  『あらしにあこがれて』14 >>
 『あらしにあこがれて』13


 シルバたちが作り始めたのは、ドライゼ銃のボルトアクション部分で、その両端が閉じられたものだ。銃の装填部分だけがあって、銃身がない。装填するのは本来は打ち出す弾と火薬と起爆装置から弾を除いたもので、一弾ごとに油紙で包んで携帯しやすくしている。シルバはベルトに革のポーチを付けたものをどこかで作ってきてもらったのか、そこに数十発の弾を入れる。
「じゃあ、やろうか、まず10ミリから」
 おもむろに言って、出来上がった試作機を、必要はないのだけれども構える。
 たぶん、シルバにしてみればドライゼ銃の使い勝手のテストのつもりなのだ。
「お金がないから、それぞれ20発ずつ」
 誰にも見えない標的に照準を合わせて、放つ。それから射線の先を凝視して、舌打ちをする。外したようだ。装填口を開き、革のポーチから新しい弾を掴んで装填して、また放つ。
 それはうつくしい所作を見ているようで、流れるような動作にルナはシルバがなぜ射撃の天才なのかが分かる気がした。10分も経っていないはずなのだけれども、その狂気の時間に出資をしたくなった。
「こんなもんかな。銃身がないと結構ぶれるね。銃口を重たくした方がいいかな?」
 シルバは装填口に手袋越しに触れ、それから手袋を脱いで触る。
「あち! まあ、いつもこんな感じだし、やっぱりこの銃は熱が弱点だなあ」
 にこにこと笑っていう。それから、手袋をして装填口付近の様子を綿密に見る。先込め式の場合は爆発させた火薬のすすを取るのが普通なのだ。それですすがどれだけついているかを見ているようで、うんうんと頷いた。
「20発までは大丈夫。限界がどこにあるかはわからないけど、冷却も必要だし複数持つか、整備をしてくれる人が必要になるのかな?」
 ルナにはそれが異次元の発想すぎて、なにを言っているのかわからなかった。
 なにを想定しているのかがまったくわからない。
 まるでサウス人と話しているよう。
「じゃあ、5ミリ行こうか」

 テストを終えたシルバは始終満足げで、メイファがいれたおいしい紅茶を飲みながら、ビスケットを食べる。
 テスト結果を聞くまでもなく、シルバが5ミリのダマスカス鋼を気に入っていることは明らかだった。頭のなかではシャビの工房に送る発注書に添える挨拶文の草案が渦巻いていたのだけど、卓を汚さないように丁寧にビスケットを食べるセレンの姿が目に入ってしまって、あれ、セレンって孤児院あたりから来たんだっけ? と思ってしまう。
 それはシルバの姿と重なってしまうからで、そんなに遠慮する必要はないと、どうしても思ってしまうのは、ルナが特権階級の人間だから。
 いや違う、セレンは読み書きができるし、それは修道院で習ったと言っていた。
 そうなると、やはり身寄りがなくて引き取られたのだ。セレンの高潔さはたぶん修道院の空気を引きずっているのだろうし、厳格な規律の中で植え付けられたものなのだろう。
 そんなに丁寧にビスケットを食べなくてもいいのに。
「セレン、もっとざっくばらんに食べていいのよ。難しいかもしれないけど」
「あ、あの、わたし堅苦しかったですか?」
 あわてるセレンの頬に指を触れる。
「いえ、でもあなたが好きよ。それはあなたがあなたである以上変わらない、信じて」
 セレンは当然なのだが赤面する。
 それからもごもごもと何かを言おうとして、やっぱり言えずに黙る。
「セレンはよくやってくれているわ。正直わたしがいなくても大丈夫なのではと思うぐらい。でも汚れ仕事はわたしがやる。それはわたしの永遠の職務だから。でも、それはわたしがやるから、もうちょっと汚れていないところをやってくれないかしら? けっこう手一杯なの」
 セレンは、すこしずつ泣き始めた。
「ルナ、さまは、ずるいです・・・。だって、なんで、断れる、んですか。お金の計算ぐらいさせてください・・・。わたし、算術は習ってるんです。もっと頼ってください・・・。それぐらいできるんです・・・」
 目の前で起こっている光景が信じられなくて、その心細い肩を抱いた。
「わたしはあなたに汚い仕事をしてほしくないだけ、そんな犠牲はわたしだけで充分。わたしにはそれをしなければならない十分な理由があるの。だって、兄の妹なんだもの。でも、セレンがそれを手伝う必要は一切ない」
 セレンは悲しい表情をした。
 しばらく考えて、
「それはわたしが相応しくない、下賤の身だからですか? ルナさまは高貴なご身分ですから、わたしなんかに任せられないと・・・」
 ちがうちがう!
 そんなふうに思っていたのかとショックを受け、それをどうしたらいいのかわからなかった。
 こんな仕事、やっちゃあいけないのよ。
 投げ出していいと言われれば、正直投げ出したい。それをか細いセレンに丸投げするのは虐待のように感じるし、たぶんセレンはわたしに任せきりなのを酷い仕打ちをしているように感じているのだ。
「あの、ルナ?」
 ぽかんとしたシルバを見て、現実に引き戻された。
「なんだかわからないけど、ぼくたちも頼って欲しいかな。この工房は自慢じゃないけれど、みんな優秀だ。メイファのすごさは分かっていると思うけど、手伝えることなんていくらでもあるよ。ルナが抱え込むことではないよ」
 我に返って工房を見ると、好意的な眼差しが自分に向いているのに気づいた。
 照れ隠しにビスケットを齧る。
「じゃあ・・・、テストをするから・・・。わたしの蒸気機関、バーナードのモーター、ハッカビー兄弟のポンプ。それを合わせてみましょう・・・。シルバ、あなたの望みどおりのものになっているかはわからないけれど」
 シルバは太陽のように笑った。
「最高だね!」
 なんでこんなに眩しいのだろう。
 この太陽に照らされると、ぽかぽかと陽だまりにいる気になる。


 もう1シーン書くべきではないかと思ったのだけれども、ここからテストのシーンにつなげるのも何だかなあとと思ったので、短いと思うのですが、ここで切ります(これまで15枚平均だったのが10枚ないですもんねえ)。
 出していないので分からないと思うのですが、この直前に書かれていた文章はひどいものでした。わたし自身のコメントとして、「なんだこれ、ひどい。小説を忘れている」と書いているほどです。ただ、そこからの復旧方法を、なんか会得したかなとか、そんな自信回復につながる回でした(まあそれだけ下書きの時点ではひどいものを量産しているわけなのですが・・・)。
 なにげに前回書きたいと思っていたセレンの話も掘り下げられましたし、ルナがよく書けていて、シルバもよく書けている(唐突に介入してくるシルバとかお気にいりw)。短い文章ですが、まあいいか、というぐらいには書けている気がします。
 ちょっと臭いかなあとは思ったのですが、好きで読んでる漫画とかけっこう臭くて、自分はこういうのが好みなのかなと・・・。まあ前作が結構殺伐としていたというか、ほぼほぼ戦闘シーンの連続だったので、今回は日常モノ(と言うか文法的には少女漫画の文法ですよね・・・)になっていて落差がすごいなあ、などと思っています。

| 自作小説 | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.story-fact.com/trackback/1195991