CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -FG- 魔界塔士SAGA 冒険者たちのレクイエム 原作を忠実に追ってるかなあ
    マイケル村田 (04/24)
  • GB解析 -FG- 出発! スターへの道 ま、マクロス・・・。
    hikali (04/10)
  • GB解析 -FG- 出発! スターへの道 ま、マクロス・・・。
    マイケル村田 (04/09)
  • GB解析 -HG- ロボット・コマンドゥ 米ジャクソン、ロボット大好きっぽい・・・。
    hikali (03/19)
  • GB解析 -NG- ディーヴァ 女戦士ミリスの挑戦 ちょっと弾幕薄いかなあ・・・。
    hikali (03/19)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/失われた絆 ん・・・ これはどうかなあ
    hikali (03/19)
  • GB解析 -HG- ロボット・コマンドゥ 米ジャクソン、ロボット大好きっぽい・・・。
    マイケル村田 (03/17)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/失われた絆 ん・・・ これはどうかなあ
    マイケル村田 (03/15)
  • GB解析 -NG- ディーヴァ 女戦士ミリスの挑戦 ちょっと弾幕薄いかなあ・・・。
    マイケル村田 (03/14)
  • GB解析 -NG- ウルティマVol.2 聖者への道 樋口センセの最終作
    hikali (03/13)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<<  暖房の季節 | main | クラシックが書きたい >>
『心が叫びたがっているんだ。』を見た



(本エントリーは酷評と好評が7:3ぐらいの割合で入っていますので、それが嫌な方にはお読みにならないことをお勧めします)

 本作を見て、その後、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の劇場版を見た。
 レンタル屋で借りるとき、これ劇場版ですけど大丈夫ですか? と言われた。
 わたしはいちおうhuluでアニメ本放送版を見ていて、劇場版のこれって本放送版の冒頭と違うよなとわかるぐらいには、本放送版を見ている。
 もちろん本放送版のほうが評価が高いことは知っている。
 それでも劇場版を見て、恥ずかしいことにぼろぼろと泣いてしまった。

 本作を結論から言うと、起承転結の承のない物語だと思う。
 30分ほどの起があって、最後に30分ほどの転結がある。
 その間の一時間ほどは転結へ向けての土台作りであって、それは平板なアリバイ作りのように見え、退屈でなんども挫折しそうになって、最後に支えになっていたのは、これは準新作だから400円も払ったんだぞ、という気持ちだった。
 それでやってきたクライマックスは賛否両論ありそうな物語で、ほんとにこれで30分持たせる気なのだろうかとは思った。
 人のことは偉そうに言えないけれども、下手くそだった。
 対比用に「あの花」を見たのは、名誉を傷つけない形でどこがどう違うのかを説明したかったからであり、本放送版も劇場版も「あの花」は素晴らしかった。なので、「あの花」ファンの視点として読んでもらえたらと思う。

 「ここさけ」はある事件により失語症になってしまった少女の物語である。
 結論で言っているようにクライマックスであるお芝居のシーンに向けて、ひたすらに物語を積み上げていく構成になっている。そのお芝居が始まるのがラスト30分で、そこからラストへ向かうシークエンスは非常に精密に組み上げられていて、スピード感があって心地よささえ感じる。
 ただ、全編を通して感じるのは、やり方が慎重すぎる、ということだった。
 単純に「あの花」を見返して思ったのは、こんなに大胆なことをしていたのか、ということだったりする。
 端的にいうと、安城鳴子(あなる)って、こんなに騒がしいやつだったっけとか。
 久しぶりに見直してみて、喧嘩しあっている物語だなあと思ったのだ。
 そこから振り返ると、本作はだいぶ上品でおとなしい。
 それがいいか悪いかは、観る側も作る側も好みなので、一般化して言うことはできないと思う。ただ、違うものだ、ということは言える。
 シェイクスピアにも悲劇と喜劇がある。
 どっちが好きかは好みだし(わたしは喜劇好きだ)、強要するものではない。
 だからこれは上品路線なんだなといちおうは納得する。

 だいぶ好き勝手言っているのだが、美点を言っておかないと申し訳ない気がする。
 まずはヒロインである成瀬順の表情が豊かであること。
 小説を書いているとしばしばセリフで解決してしまうことがある。しかし、セリフを封印して描かれたアニメという媒体が、表情が豊かで楽しい。ネタバレしないように書くのだけれども、ラストで成瀬がドキッとする絵とか、ここで爆弾投げこんできましたかぁ、とニヤニヤしてしまう(笑)。
 また成瀬が勝手に王子様と決めている坂上くんが、何を考えているのかよくわからないところも良いかもしれない。例えて言うと「秒速5センチメートル」のコスモナウト(第二話)の遠野(主人公)。澄田さんに「優しくしないで!」と怒鳴られる姿に重なる。あのどっち付かずのもやもや感は、なかなかにもどかしい。
 こう書いてくると、薄味なんだなあ、などと思う。

 むかし、とあるラジオで秋元康が食事した料亭の話をしていた。
 その料亭はとにかく薄味で、出汁の味がはじめはわかりにくいらしい。
 それが徐々に出汁が濃くなっていく。食べている方は前菜からの薄味に慣れて舌の味覚を鋭敏にしているから、それが徐々に濃くなっていくのがわかる。それがメインディッシュのときに出汁の味を最大限にすると、恐ろしくうまく感じる。
 これにだいぶ近い気がするのだけれども、その階段(承)の作り方があんまり上手くなくて、1時間退屈だったかなと、これは自戒でもあります。

 というわけで。
 酷評はしない主義なのでフォローをしておくと、ハマっている人はとてもたくさんいるので、合う合わないは個人的な感想ですよ。起と転結は極上です。ただ承が下手だなあ、というだけの物語なのです。


| 映画評 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.story-fact.com/trackback/1195970