CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (05/08)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (05/04)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    hikali (03/29)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    マイケル村田 (03/25)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    マイケル村田 (06/24)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<<  『かもめ食堂』を見た。 | main | 『心が叫びたがっているんだ。』を見た >>
 暖房の季節

 手袋ないと寒いかな。
 出る前にそう思って週課の散歩に出る。
 今年の季節は、夏から、毎週のように台風の上陸する季節があって、それから急に紅葉の季節になった気がする。
 いつも立ち寄るファミリーマートではいつもの癖で冷たい水の冷蔵庫へ歩いてしまい、熱々だったら嫌だなとと思いながら戻ったホットのコーナーで、ぬるいと思うほどのお茶を買って、レジで支払う。
 わたしは冬生まれなので寒いのは嫌いではなく、室温が20度を下回っても暖房を入れることがない。
 冷房のスイッチを入れる言い訳用に買った温度表示付きのデジタル目覚ましで、30度を上回ったら入れてもいいことにして、だいたい27度ぐらいで快適だと思うから、寒くないと駄目なわけではない。寒いのが苦手でないだけだ。

 今年は季節感のあるエントリーを書いてきたから、あのときはああ思っていたなあと覚えていて、振り返りながら同じ散歩道を自転車で走る。空の色が違っていたなあとか、雲はそんなに出てなかったなあとか、オシロイバナが咲いていたなあとか、変わった季節が重層的に畳み掛けてきて、その変わったところを気になってみてしまう。
 いつもの土手沿いを走ると、夏にバーベキュウをしていた河原に、キャンピングカーが止まっていて何かテーブルの上に料理を並べている。こんなに寒いのに。河原を2匹の犬を連れた男性が走っていて、わたしの自転車と並走していたから、だいたい20キロぐらいで走っていたはず。
 さっき買ったお茶がだいぶぬるいのと、だいぶ登ってきたのに身体が温まってこないのが気になる。もう晩秋なのだ。

 レンタルビデオ屋に辿りつき、観たかったDVDを借り、準新作ですがいいですかと言われて、はい、といい、それをカバンに入れて嬉しくもなくて、たぶん映画評を書くのだけれども、定評があることは誰もが分かっているので、この爆弾がどれだけすごいかを知りたい。
 「君の名は。」の作者の故郷である小海に行きたかったのだけど、どうも普通で行くと片道6時間かかるみたいで、新幹線を使うと6000円かかる。片道である。紅葉の小海がみたかったなと、思うのだけれども、ひたすらに遠い。駄目だったんだから、諦めるしかないんだけど、いつか行く。小海線。それも紅葉の季節に。

 寒いと温かいものが飲みたくなる。
 わたしは安いケトルを持っていて、いつでもお湯を沸騰させることができる。
 たぶん誰も気にしないのだけど、コンソメスープの素がだいたい400円以下で売っている。今見たら300gと書いてあった。わたしはマグカップに5gの匙でコンソメスープを作っているので、それが60杯は飲めることになる。
 それがなくなりかけていたので、業務用スーパーに出かけてそれを買う。
 そのお店は冷凍食品のケースがむき出しに並んでいるので、おそらくそれが理由で暖房を入れてない。レジの人がジャンパーを着ているのが印象的で、わたしも価格と品揃え以外は問題にしていないので、特に何か言うことはない。
 それからホワイトボードを書いに、100円均一店に向かう。
 こちらは大手チェーンなのでだいぶ暖房が効いていて、文具品コーナーを回って、仕方なくレジの人に聞く。
「ホワイトボードはどこにありますか?」
 あ、はいなどと慌てるのだが、たぶんあんまり店内のことを知ってない子らしく、もう一方のレジの人に聞いて、ご案内しますという。それでどちらがご案内担当なんだろうと迷うのだが、頼もしそうな方に決まっている。
「あ、はい、お願いします」
 それでもそのときの受け渡しがぎくしゃくしていて、多分一番先に声をかけたほうがご案内するという意味だととっているはずだと思われていた、と思われるのだが、わたしがあなたしか案内できないでしょ、という態度をとると、とても愛想よく案内してくれた。
 わたしがそのコーナーを見逃していたのは、百均のホワイトボードがどういうものかを理解してなかったかだらと思う。わたしは下敷きのようなホワイトボードは持っていたのだけど、もう少し本格的なものが欲しかった。
 結局吊り下げ式の100円ホワイトボードを買って、家路につく。

 あ、そうそう。
 その百均はセリアなのだけど、あまりにもこれみよがしにディスプレイしていたので、手袋は買いました。
 100円でした。


| 雑感 | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.story-fact.com/trackback/1195969