CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    hikali (05/21)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    マイケル村田 (05/17)
  •  『あらしにあこがれて』15
    hikali (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    hikali (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    綴 (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    綴 (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    綴 (04/29)
  •  『あらしにあこがれて』15
    綴 (04/29)
  • GB解析 -FG- 魔界塔士SAGA 冒険者たちのレクイエム 原作を忠実に追ってるかなあ
    hikali (04/27)
  • GB解析 -FG- 魔界塔士SAGA 冒険者たちのレクイエム 原作を忠実に追ってるかなあ
    マイケル村田 (04/24)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<<  『ズートピア』を観た | main | 世代間の紛争 >>
 『ちはやふる −下の句−』を観た


 公開初日はまさかの完売御礼で(めったに完売しない映画館なのです(^_^; )お預けを叩きつけられた『ちはやふる −下の句−』ですが、ようやっと見てまいりました。
 いやー、どうすんだろう、とハラハラしていたのですが(その理由は後述します)、オリジナル部分がふんだんに盛り込まれて、なにかいい青春映画になっておりました『ちはやふる −下の句−』。
 観客の入りはさすがに第二週というだけあって完売とはいきませんでしたが、それでも入る映画館ならば完売ぐらいしてるのではないかと思われる入りでした。わたしのお気に入りの映画館がとにかく観客が入らないことに関しては定評のある映画館なのです。

 さて本作ですが、上の句が東京都大会の北央戦がクライマックスになりましたから、下の句は全国大会ということになります。たぶん原作をご存知の方ならばわかると思うのですが、全国大会ってアニメ版だとたった2話しかないんです。
 これをどうやって映画にするんだろうとハラハラしていました。

 わたしはとんちんかんに勘違いしていたのですが、そういえば全国大会の前にかるた会大会に出てなかったっけ? もしかして、そこもごりごりやるの? などとよからぬ想像をしていました。それってずっと試合なんじゃね? と。
(実際にはかるた会の大会は、全国大会後でこれはわたしの勘違いです)

 予告編で原作のかなり序盤の方に出てくる新との福井でのシーンが出てきていたので、それが入ってくることは分かっていても、あとは何で埋めるのだろうと。上の句を見ていて、ああ、この監督は原作におんぶ抱っこはいやで、原作を文字通り原作として物語の材料に使い、それを巧みに組み合わせてくる、ということは分かっていたのですが、あそこまで巧みに組み替えてくるとは想像だにしませんでした。

 このようにいうと原作が本当に好きな方は、勝手に変えるなと思うかもしれません。
 しかし、巨額の資金をかけて映画として作っている以上、少なくとも原作者に脚本をわたして最終OKをもらうぐらいのことはしていると思うのですね。下の句の舞台あいさつで続編がサプライズで決まって、涙するというシーンがあったのですが、これたぶん、脚本のOKが出た、ということだと思うのです。

 著作権法上においては著作者は神に近い存在ですので、NOといえば全てが止まります。
 どんな契約をしていても、著作者としてNOという権利はあり、もうすでに50億円ぐらい使っちゃったんだけど、それを止められるの? と言われても、払えば問題がなくなります。それは役者の思いとかあんまり関係ないのです。なので原作者はOKしているのです。

 役者が大変だなと思うのは、現在のGW映画を見てわかる通り、邦画の実写の大作というのは数少ないのです。しかも主演の広瀬すずが高校生らしい年齢でいられるのは、当然大人の魅力的な女性になってしまいますから、もう数年しかないのです。原作のちはやふるは現在も連載中で、現在高校三年生を描いています。
 どこまでやるかはわからないのですが、クイーン戦までは行ってほしいですよねえ。
 ネタバレはしないのですが、原作にない部分で、あー、これは来年も見るぞ、と思う分の良さはありました。
 閑話休題。

 えーと、まずはどこから始めたらいいのでしょうか。
 と、迷ってしまうのですが、ネタバレにならないところから言いますと、あー、上手いなあと思ったのはクイーンである若宮詩暢が実は新の祖父と親しい関係にあった「ことになっている」ことですかねえ(笑)。
 これで新と詩暢が「そうではないのに」いかにも幼馴染見えるというか、千早みたいな新参者がなんだという二人だけの世界観が作られているのがすごいと思いました。

 もう一つはこれは若干ネタバレ気味なのですが、肉まん君と太一がA級になっていることでしょうか。これが原作と一番違うんですね。なんでかを言ってしまうとこれこそ完全なネタバレなので控えるのですが、まあ、映画館でご確認ください。
 しかしこの監督はほんとにまじめですね(笑)。
 正直この監督が、原作を改作する映画が次にあったら(たぶん当分ちはやふるだと思うのですが)、見たいなあと思うぐらいの力量はありました。

 続くのは、空白の1時間ぐらいでしょうか、を何で埋めたのか、という話ですが、ちはやふるにこんなまだ見えてない魅力があったのか、と思うような内容であったことは保証します。
 上の句が楽しめたならば、下の句も同じように楽しめます。
 青春映画だなあと、試合の連続なんじゃないかと危惧したのが恥ずかしいぐらい、よくできた青春映画になっていて、迷走していく千早と、ああ、ネタバレになると書けないのですが、かるた部がまた一つになっていく過程を描いていて秀逸です。
 原作にないシーンも結構さまになっていて、雨のシーンの太一は、あれは男前なのだろうかと、わたしは男性なので分からないのですが、ただただ須藤からもらったことになっている極秘資料がずぶ濡れなんじゃないかと、気が気ではありませんでした。

 あとどうでもいいことを言うと、近江神宮で詩暢と千早がすれ違うシーンで、瑞沢のメンバーは右側を歩いて千早だけが左側を歩く(映画版)のですが、瑞沢のメンバーはあんまり気にせず歩いて、千早だけ左側を歩いている(アニメ版)が気になりました。
 千早だけ左を歩く(映画版)のが変だなと思ったのです。
 あれはアニメ版に合わせているのですね。

 なんかマニアックな話になってしまいましたが(^_^; 原作が秀逸であり、アレンジが秀逸であるということを書いて、ぜひぜひ見るべき映画だよ! と言いたいと思います。
 広瀬すずってこんなにいい役者だったのだなと、ただただ、千早だ! 千早がいる! と思った方は同感だと思います。
 それにプラスαが乗っかっているのが『ちはやふる −下の句−』です。
 ぜひぜひご覧くださいませ!










| 映画評 | 01:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 昨年の記事









http://blog.story-fact.com/trackback/1195955