CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (05/08)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (05/04)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    hikali (03/29)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    マイケル村田 (03/25)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    マイケル村田 (06/24)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<<  『機動戦士ガンダムUC』を観て | main |  『ちはやふる −下の句−』を観た >>
 『ズートピア』を観た


 やってまりました、GWシーズン。
 さすがに各社が大作をぶつけてくる時期だけに、普段は空いている映画館も大賑わいとなっておりました。
 先週末のおそらくぶっちぎりの1位は名探偵コナン、2位がズートピア、3位はクレヨンしんちゃんと、実写って何? という状況だったのですが、今週末からちはやふる‐下の句‐が公開になります。
 実のところ本日はこちらがお目当てだったのですが、まさかの完売(^_^; いちおう3番目のスクリーンでの上映だったのですがキャパが足りなかったのでしょうか。そこで2番目のスクリーンで上映しているズートピアを観てまいりました。
 わたしは上映一時間前にチケットを買ったので分からないのですが、上映後にちらっと見た感じではほぼほぼフルに入っていたような気がします(つまり危なかった)。
 というわけで、ご覧になられる方はご注意ください。

 閑話休題。
 本題に入るのですが、当然のことながらネタバレなしで話さなければなりません。
 しかし、この映画の素晴らしいところは、脚本が神がかっている、ところでして、よくぞまあこんな脚本書けたものだなと感心してしまいつつも、これを一切話さずにこの『ズートピア』の稀有な部分を説明するのは難しいなと考え込んでしまうのです。
 まずは予告編をご覧ください。

 ■『ズートピア』予告編
 https://www.youtube.com/watch?v=XFLtHhqjTuY


 まあ、よくぞまあここまで明かしながらも、肝心な部分はまったく分からないという職人芸なのですが(笑)、まあ、観終わってから見るとわたしとまったく同じ感想になると思います。
 この婦警のウサギと詐欺師のキツネが、コンビを組んで大掛かりな陰謀を暴き出すというのが、この『ズートピア』の根幹なのですが、大枠は警察モノだと思って観るとだいたいあっているかと思います。

 ただ、それでもディズニーというだけあって、ウサギの女の子のジュディが飛び跳ねているのを見ているだけで楽しい、街を駆けまわっているだけで楽しい、犯人と追いかけっこをしているのを見ているだけで楽しい、とその辺りのアクションはさすがです。
 ディズニーらしい魅力的なテーマパークのようなズートピアも必見です。
 こちらをご覧ください。
 これはディズニーの公式『ズートピア』サイトのトップに載っている動画です。
 わたしがはね飛ぶようなジュディと言っている意味が分かると思います。

 ■「ズートピア」ジュディの旅立ち
 https://www.youtube.com/watch?v=V_IkrSTie-Y


 ただ、これはほんとうにはじまりのはじまりで、大取モノや大冒険を経たのちのエンドロールでまたこの日本語版のテーマソングが流れるのですが、その頃にはもう圧倒されてしまってこれがはるかに昔であったかのように感じます。


 また細かいところに伏線が大量に散りばめられてて、脚本が神がかっているとは書きましたが、起こること起こることがすべてが物語につながってくるというか、一つとしてむだなことは起こっていないという密度の濃さは、本当に飽きません。
 そして、二転三転どころか七転八倒するストーリー展開に息をつかせないどころか時間を忘れてしまいます。それでいて無視することができないテーマもはらんでいて、ただただ圧倒されてしまうのです。

 こちらのロングインタビューはおそろしく長いのですが、だいたいわたしよりもうまく語っているかと思います(監督なので当然なのですが)。わたしが『ズートピア』を最終的に見ようと決めていたのは、このインタビューのためでした。

 ■「主人公を含む全てのキャラクターに偏見を抱かせることが、とても重要だった」―映画『ズートピア』:クラーク・スペンサー(プロデューサー)&ジャレド・ブッシュ(脚本/共同監督)ロングインタビュー
 http://top.tsite.jp/entertainment/cinema/i/28566791/index


 というわけで、いちおうネタバレなしで何とかなりましたでしょうか(^_^;
 ぜひぜひ楽しい週末をお過ごしくださいませ。

| 映画評 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.story-fact.com/trackback/1195954