CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    マイケル村田 (06/24)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    hikali (06/23)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    マイケル村田 (06/20)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    hikali (05/21)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    マイケル村田 (05/17)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<<  『鉄鎖の次王の恋』の2.をリリースするにあたって。 | main | とつぜんのおしらせですが、入院しています。 >>
 『ミリーの天気予報』html版を公開します。
 一部では、「あれ? これってそう言えば出てないのか」と気付き、ほそぼそと公開作業に向けて頑張っていたのですが、おそらく全体に告知するのはこれが初めてですね。


 ■追記:2014年8月24日に配布したファイルに不備がありましたので、現在修正済みのファイルを配布しています!

 ■『ミリーの天気予報』html版(2014年8月28日)修正版
 http://story-fact.com/milly140828.htm

 お手数をおかけして、たいへん申し訳ありませんでした……。


 ■『ミリーの天気予報』html版、を公開します!!
 http://story-fact.com/milly.htm



 このhtml版はほんとうに何の仕掛けもない、選択肢がアンカーリンクでリンクしているだけのおそろしくシンプルな一枚ッぺらのピュアHTMLです。ファイルサイズが660KBぐらいありますが(^_^; 容量食ってるのは全部テキストファイルですので、なにとぞご容赦ください。

 普通に右クリックで>「名前を付けて保存」をしていただけるだけで、ローカルに保存をして自由にあれこれ弄ってみることができます・
 まずはお楽しみいただけると嬉しいです。


 ■選択肢の【出現/消失条件】など

 元となっている『ミリーの天気予報』FLASH版にはプログラムの方に、選択肢の管理とフラグの管理をする機能がついています。
 つまりあるフラグを回収している場合にはここへいけるけど、そもそもフラグを回収していなければ選択肢さえも表示されない、という処理の仕方をしています。
 具体的な仕様は、具体例をみながら説明していきましょう。


  ■ミリーはジョゼフの嫁になるつもりみたいだけど結婚させるつもりか?  45  【出現条件】:  【消失条件】:
    
  ■ミリーのいうとおりだ、ジョゼフが挫けたら終わりだ。  46  【出現条件】:flag000*flag020  【消失条件】:
  flag046  ディアマンテ、ジョゼフがくじけるリスクを悟る

  ■ミリーのいっていることはほんとうなのか? 後継ぎにするって。  47  【出現条件】:  【消失条件】:
  flag047  ディアマンテ、ジョゼフがくじけるリスクを悟る


 えっと、ごちゃごちゃとw
 これは具体的な項番44の選択肢です。

 一番上の選択肢は項番45へリンクする、【出現条件】【消失条件】の設定されていない、さらにフラグさえも設定されていない選択肢です。

 二番目の選択肢は若干複雑です。
 まず項番46へリンクされる選択肢ですが、【出現条件】が設定されています。
 【出現条件】は「flag000*flag020」です。この条件を満たしている場合はこの選択肢が表示されるという意味です。
 【消失条件】は設定されていません。
 また、この選択肢には「flag046」というフラグが設定されています。その後続いている説明文はフラグの内容の説明です。

 三番目の選択肢は項番47へとリンクされる、選択肢です。
 【出現条件】【消失条件】は設定されておらず、「flag047」というフラグが設定されることになります。

 『ミリーの天気予報』FLASH版は「選択肢がクリックされた瞬間」>「フラグが設定される」という仕組みになっています。
 これは選択肢側でフラグを管理する方が楽だからという理由なのですが、若干ファンキーな、普段はあんまりやらない仕様なので分かりくくはあります。


 以上ざっとでありますが、説明いたしました。
 たぶん説明していないところは「分かる必要のない部分」(^_^; ですので、もし気になった場合にのみ問い合わせくださいませ。

 では、『ミリーの天気予報』HTML版をお楽しみください。
| 【自作ゲームブック】 | 21:12 | comments(3) | trackbacks(0) |
hikaliさん

「ミリーの天気予報」HTML版の公開有難うございます!
わざわざ、リクエストに答えて下さったことに感謝いたします!!

数年ぶりに
「ミリーの天気予報」をEnjoyさせてもらおうと思います。
Flash版が公開された当時、すぐにプレイさせていただき
Flash版のページの切り替わる際の動きが
ヌヌヌッという感じで気持ち良い動作だったのを感覚で記憶しています。
(アップル製品の操作感の快感に似た印象でした。)

しかし当時の私のPC環境のせいだったのか
後半に進むにつれ、ページ切り替わり速度が
何故だか、どんどんスローになってきたような思い出もあります。

今回はhtmlベースのシンプルなものなので
サクサクとプレーできる、別の小気味良さを体感させてもらえそうです。
(Flash版の、hikaliさんのデザインセンスを駆使した高級感も、もちろん大好きでした。)

実は先日、hikaliさんの名作「スミレ」を再度拝読していたのですが、
あの作品を、二十歳前後で書かれていたという事に
再び、畏怖の念を覚えました。
(hikaliさん、す、すごすぎる・・ あぁ・・)
何度読んでも、あの作品世界に引きずり込まれてしまいます。
なんと申しましょう・・現実の絶望を一時忘れさせてくれる、トリップ感を味あわせてもらえます。

「ミリーの天気予報」も再トライしてみます。
お忙しい中、本当にありがとうございました。

PS
「ミリーの天気予報」HTML版にて
最初のページからは
項目150 以降へのリンクジャンプが機能しないのは
あえてそういう仕様なのでしょうか?
(それとも私のPCだけの問題なのかな?)

また、以前に推薦していただいた、宮部みゆきの『本所深川ふしぎ草子』
を本日注文いたしました。これからもhikali師匠の後ろを
必死についていこうと思います!
| T2 | 2014/08/25 11:48 AM |

 コメントありがとうございます。hikaliです。
 えーと、個人的な体調不良で申し訳ないのですが、ここ一週間ほど高熱と、そこから日常に戻していくことに精いっぱいとなっております(^_^;
 なので、多少遅れることもあるでしょうがお返事は返していきたいと思っていますので、気長にお待ちいただけると嬉しいです。

>「ミリーの天気予報」HTML版の公開有難うございます!
>わざわざ、リクエストに答えて下さったことに感謝いたします!!

 いえいえ、もともとなんで用意してなかったんだろうと不思議に思っていたものですので、お気になさらないでください。

>数年ぶりに
>「ミリーの天気予報」をEnjoyさせてもらおうと思います。

 あ、はい、あれけっこう真剣にやりだすと、どつぼにはまるような構造になっておりますのでご注意ください(^_^;

>Flash版が公開された当時、すぐにプレイさせていただき
>Flash版のページの切り替わる際の動きが
>ヌヌヌッという感じで気持ち良い動作だったのを感覚で記憶しています。
>(アップル製品の操作感の快感に似た印象でした。)

 あ、なるほど。あれはappleのUIの動きを研究しつくしたものです(^_^;
 当時あの表示領域サイズ(高さ600px、横600px)で、文章をほとんど無限に読めるUIというのが、スマートフォンのUIしかなかったのですね。

>しかし当時の私のPC環境のせいだったのか
>後半に進むにつれ、ページ切り替わり速度が
>何故だか、どんどんスローになってきたような思い出もあります。

 えーと、それはあのFLASHプログラムの作りがむちゃくちゃすぎる作りになっていたからだと思われます(^_^; 複数の方から読み込むごとに遅くなるとご指摘を受けていました。

>今回はhtmlベースのシンプルなものなので
>サクサクとプレーできる、別の小気味良さを体感させてもらえそうです。
>(Flash版の、hikaliさんのデザインセンスを駆使した高級感も、もちろん大好きでした。)

 あ、FLASH版もいいですが、なんどでも戻って違う選択肢を選びなおせるHTML版はある意味ではFLASH版よりも遊びやすいかと思います。

>実は先日、hikaliさんの名作「スミレ」を再度拝読していたのですが、
>あの作品を、二十歳前後で書かれていたという事に
>再び、畏怖の念を覚えました。
>(hikaliさん、す、すごすぎる・・ あぁ・・)

 おお、話が飛びましたね(^_^;
 「スミレ」は書いた本人も、なんで書けたのかよく分かっていないという、作品だったりします(あー、細かい経緯はわかっているのですが)。

>何度読んでも、あの作品世界に引きずり込まれてしまいます。
>なんと申しましょう・・現実の絶望を一時忘れさせてくれる、トリップ感を味あわせてもらえます。

 なるほど。あのお話はコズミックホラーの典型例と言いますか、こんなことを書くのは初めてなのですが、スミレという女の子がいて「犯罪行為を犯してしまう(ハッキングをしてしまう)」というところから始まります。
 なんとなくあのまま言ってもスミレはうまく行かなそうな気がするのですが、その先の大目標に近いところに、マサトとケンジ、という最悪なところまで行ってしまったふたりがおぼろげに登場するのです。
 ホラーというのは自分が味わっている絶望よりもはるかに凄まじい状況を見せることで、自分が感じている恐怖など、たいしたことがない、と思えるところに最大のカタルシスがあるのだと思います。


>「ミリーの天気予報」も再トライしてみます。
>お忙しい中、本当にありがとうございました。

 あ。ぜひぜひ、お楽しみくださいませ。


PS
>「ミリーの天気予報」HTML版にて
>最初のページからは
>項目150 以降へのリンクジャンプが機能しないのは
>あえてそういう仕様なのでしょうか?
>(それとも私のPCだけの問題なのかな?)

 えーと、なんだろうなあと思いましたら。項番150以降が出力されていませんね・・・(^_^;
 これはこちらのミスですので、早いうちに修正版をアップロードします。

>また、以前に推薦していただいた、宮部みゆきの『本所深川ふしぎ草子』
>を本日注文いたしました。これからもhikali師匠の後ろを
>必死についていこうと思います!

 あ、ぜひぜひ、そちらもお楽しみくださいませ!
| hikali | 2014/08/28 12:41 AM |

 えーと、HTMLファイルの修正完了しました。また何か不備がありましたら、こちらのミスの可能性が高いですので、お知らせくださいませ!
| hikali | 2014/08/28 9:13 PM |









http://blog.story-fact.com/trackback/1195831