CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    マイケル村田 (06/24)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    hikali (06/23)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    マイケル村田 (06/20)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    hikali (05/21)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    マイケル村田 (05/17)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<<  関西周遊乗り鉄の旅 伊賀・奈良路編 | main |  関西周遊乗り鉄の旅 中間報告編(前編 < え?) >>
 関西周遊乗り鉄の旅 奈良編
 こんばんわ! みなさま、お元気でしょうか。
 わたしは、すでに帰国、もとい、帰京しており、これを書いています。

 なんの計画もなしに、とりあえず名古屋についてから考えようと始まった、行き当たりばったりの旅ですが、いくつかわたしの不手際があり、残念な結果になってしまったこともあった旅になりました。
 第一の残念は、名古屋、大阪です。
 実際にはわたしは、もうこれは通過で済まして、無視したほうがよいという判断をしたのですが、この原因はわたしの調査不足のせいでした。
 これはおいおい書いていきますが、結論から言えば、まさかここまで不親切な状況になっているとは想定していなかった、というのが原因です。逆にいえば、東京の親切さに慣れすぎてしまっていた、ということでもあると思います。
 そういった話は、該当回に譲ることとしまして、もうちょっと楽しい話をしていきましょう。

 たぶん多くの方にとって想像がしずらいと思われるのは、地方中核都市<地方観光都市という状況があるということです。
 つまり、よく、地方が疲弊しているとか、地方が大変だとかいうのですが、地方の観光地は非常に頑張っていて、親切であり、そして国際色豊かです。なので、ぜひとも地方の観光都市はすごい頑張っているから、見に行ってほしいと思うのです。
 ただ、その時に通過する、大阪、名古屋といったような中核都市は、かなりいらっとすることがあるかも知れないと、注意しておきます。
 東京は別格として、こういったところには、期待するようなホスピタリティがあるとは言えない、という状況を見てきました。
 これは逆に言えば東京がすごすぎるんです。

 具体的にはもうすでに幾つかあげましたが、たとえば駅の番線表示が東京は何線であるかが明示してあるのに(山手線外回りとか)、関西にはこれがない。これは、ガイドブック一冊もって関空や名古屋国際空港からLCCに乗って、直接来る外国のお客様には、きわめてわかりにくい。
 大阪環状線の案内標識に、あちこちからの快速運転する乗り入れ路線がいっしょくたになって表示されているのを見て、めまいがしたほどです。
 東京でいえば、湘南新宿ラインや埼京線が、山手線の快速であるかのように書かれているような状況です。
 湘南新宿ラインって、ほんといいネーミングをしたし、完全に山手線から隔離しているのを見て、ああ、これが東京のすごさなんだ、と実感したほどです。
 本来分かりにくいはずのことが、すごく分かりやすいんですね。
 関西だと、新快速ですか。
 これで分かったらすげーよってw 思うのです。
 新快速、名古屋発、米原経由、姫路行、ってどこ通るかわかりますか?
 東京だと、横浜発、湘南新宿ライン、高崎線直通、籠原行です。
 発車駅と到着駅の間のことばが、どの線を通るかの表記なんです。
 この表記でないと、発着駅の間の情報がごっそりと抜け落ちてしまうんですね。

 こういった、こまかな不親切さは、もう数えきれないほどあります。
 ひとつひとつは非常に細かい話で、たぶんそれで問題が発生するとは想像だにしていなかったと思われるようなことです。
 ただ、それを全部つぶしてお客様がスムーズに迷うことなく旅行できるようにしているのが東京のすごさなのだ、と改めて思い知らされた旅になりました。
 なので、そういった部分はともかく、まあ期待しないで、蛮族の国に赴く都会人の気持ちで、通過していただけたらと思います。そこを過ぎると、本当に親切で、ホスピタリティーにあふれた素晴らしい地方観光都市が、あなたを待っています。
 この困難な国を無事に通過するには、自分で調べるしかありません。
 ひとかけらの期待も捨てて、調べつくして行くのが吉です。
 通過駅のためになんでそんな手間を払わなければならないのだ、というのはもっともなご意見なのですが、そんなもんなので、仕方ありません。

 さて、ながながと書いてしまいましたが、一番よかったのはどこかと言われれば、迷うことなく挙げるのは、滋賀県、なのですね。奈良、京都は? と言われるとなかなかに難しいのですが、わたしはあまりお寺さんに興味がない、そして、あんまりどっかりとどこかに腰を据えて回るような旅ではなかった、というのが、あんまり回らなかった理由なのです。
 たとえば、奈良公園周辺なんて、しっかりと回れば1日がかりになります。
 というか、そもそも旅の目的が、乗り鉄の旅なのですね(^_^;
 ただ、移動日に奈良のタクシーの運ちゃんと話していて、やっぱり奈良は違うなあと、感心してしまうエピソードがありました。
 その日は、名古屋から伊勢に回り、関西本線を通って(伊賀上野がある)、奈良に出たのですが(これ、かなりまじきちなルートなんですけどねw)、宿泊先に向かう最中にタクシーに乗ったんです。

「今日は伊勢を回ってきたのですが、雨でした。こちらは降らなかったのですか?」
「降らないねえ、こっちは。伊勢は雨でしたか」
「ええ。伊勢って、内宮、外宮とお宮さんですが、混む上に傘でしょう? すごい混雑でしたよ。しかも境内は自動車は入れませんから、逃げ場がないんです。参道のお店もすごい混雑で大変でした。その点、奈良は交通機関も、バスも、タクシーもしっかりしていますから、どこへ行くのも安心です」
「そりゃあ、奈良は国際観光都市だからねぇ」

 わたしはこういう言葉をビビットに反応する性格なんです。
 奈良のタクシーの運ちゃんがどういう心持ちで仕事をしているか。
 国際観光都市を支える一員として誇りをもって仕事をしているのですね。

 伊勢が悪いわけではありませんが、奈良にほっとした瞬間でした。
 京都は行かなかったのです(くどいようですが、お寺さんにあんまり興味がない)、たぶん同じようなことを言われるのだろうな、と思ってしまったほどです。

 と、前振りが異様に長くなるのが、わたしの悪い癖なのですが、ようやっと、本編に参りましょう!


 ■奈良戦に必要な装備。戦いへの準備。



 近鉄戦には多大な覚悟と準備が必要です。
 あのダンジョンのような路線をすべてマスターする。こんな難事業がこの世にあったでしょうか、いや、ない。
 そんなときにおすすめなのが、時刻表です(700円也)。
 この分厚さならば、どんなホームランバッターが出てきても、一安心です。これだけ分厚ければ、撲殺できることは確実です。



 続いて、近鉄奈良駅に向かいます。
 地図上は、地下駅として書かれるので地下かと思ったら、地上側の駅もあった。



 近鉄奈良です。けっこう都会です。
 そのまま、近鉄郡山駅に向かいます。いちいち名前に近鉄がついているのは、宣伝のためすぐ近くにJRの駅もあるからでして、なにか駅名に、近鉄とついたら、ああ、JRもあるのね、ぐらいに思っていると、たぶん安心です(なにが?)。



 近鉄郡山駅。これでも、急行が止まるので、けっこう油断のならない駅です。



 いきなり表示に天理行とか表示されて、まったく油断ができません。
 なになに、天理ってどこに行くの!? と不安になります。
 しかし、このときに役に立つのが、撲殺兵器。
 ぱらぱらめくれば、ああ、なるほどと納得できることは請け合いです。



 郡山城に近づいてきました。堅固な石垣で油断がなりません。



 入り口と思しき所に、なぜか柳沢神社の鳥居。
 なんだこれ? とあちこちをぐるぐるしていたのですが、いろいろ地形をみると、どうもこれが入り口のよう。すっげー、わかりにくい。わたしのほか約一名が同じように、入り口どこだ? と探していました。



 内部に侵入した様子。わかりにくいですが、看板に天守台と書かれています。
 ああ、これであっていたと。



 天守台行の表示。



 裏に回ると、朽ちかけた石垣が。どうもこれが天守台跡地である模様。
 実のところ、郡山城は、この崩れるから近寄るなという石垣しか残ってないんですね。それで、神社のほうがメインになっているというか、いちおう祭られているのは、教科書にも出てきた江戸時代の老中だったか、柳沢さん。なぜかこっちがメインに。



 しつこく石垣を撮っている。



 なんだか立派な門が。



 櫓も見えます。みなさんこれに騙されるんですね(^_^;



 表示を読むと、どうも、郡山城復興運動みたいなのがあって、その第一弾として復元されたのが、この門だとか。非常に立派な門なので、歴史はないかもしれませんが、見る価値はありです。



 明治期の建物とか。



 門を反対側から撮ってみた様子。



 由来です。江戸時代に全部壊してしまって、昭和に入って復興の声が上がってきたとのこと。



 この地図、正しいのだけど、わかりにくい・・・。



 これ、わかるか?
 ちなみに、資料館のようなところで、昔の絵地図を売っていたので買う(500円也)。ポスターのように丸めた形で出てきたので、うっと呻くと、折れば大丈夫ですよ、と折ることを進められるw ほかに方法もないので、絵地図をA5大ぐらいに折って、そのまま回収する。
 なるほど、これは絵地図販売戦略だったのか、と大いに納得した。
 絵地図はよくできていて、非常にわかりやすかった。



 さて、近江郡山を過ぎて、今井町へ向かう。
 この写真はその最中の駅の模様。
 近鉄は、頻繁に分岐するので、よく分からない駅の構造になっている。



 今井町。なんでも、港町の独立武装商都堺に対する、陸の独立武装商都今井町だと理解すると、だいたいあっていることになるらしい。これまた昭和に復興求める声が多くなり、改造したとのこと。といいつつも、いちおう重要文化財の商家などは残っていて、その景観に合わせるように、昭和の街並みになってしまったのを当時のものに直したとのこと。



 こんな感じ。けっこう、流れている時間がその辺とは違う感じがしてくる町ではありました。



 たぶん重要文化財。



 こういう町並みです。



 町並み2。



 町を覆っていたお濠。



 その説明。



 これが外堀らしい。



 門が残っていた。



 これは明治期の建物らしく、資料館になっている。
 以上で、今井町を離れ、飛鳥に向かいます。

 飛鳥は、飛鳥駅からレンタルサイクルで廻ったのですが、これが大誤算(^_^; というのも、ガイドブックに周囲はあまり急な坂はなく、レンタサイクルが最適! みたいなことが書いてあったので、それをホイホイ信じて行ったのですが、とんでもないw 古墳とか、塚とか言ってる時点で、それは山でしょうw と気付くべきでした。電動アシストを借りればまだましだったかもなのですが、もう、自転車で登れなくて、ひいひい言いながら押して登ったところも。



 これは高松塚古墳。ここに行くまでの傾斜がけっこう厳しいのですね。



 これは石舞台古墳。ここに行くのも大変でw



 石棺が入っていた模様の様子。
 ここから、東展望台という、リスキーな名称の地点へと向かう。



 大変眺めがいい。
 つまりここまで、死ぬ思いをして上った。



 こういう、罰ゲームを思わせる傾斜。



 この辺の人々は、「近道」と書けばなんでもいいと思っていると推測される。
(ちなみに、これ以外の道はないw)



 罰ゲームの様子。



 その2。



 近道ネタ。その2。



 奈良の人たちは、こういうのを傾斜とはいわないと思っている節があるので、注意が必要。
 こちとら関東平野人だぜw ほんとうに傾斜なんてないんだよ、関東は。



 これも、自転車だとつらい。



 なんだったかの遺跡。



 やっぱり山、というか丘(というか、古墳系の遺跡は全部丘)なので罰ゲーム中。



 遺跡。



 由来。



 飛鳥寺。非常にこじんまりとしたお寺だけど、もとはこの20倍ぐらいの広さだったとか。



 撮影OKですよ、と言っていただいたので、おおっぴらに撮影中。



 お庭。



 お庭2



 続いて、水跡遺跡だったかに。
 なんでも水時計をはじめてつくった遺跡だとか。



 こんな感じ。



 これで飛鳥は終了で、罰ゲームを食らいながら、帰路につきます。
 ちなみに、翌日は朝に立ち上がれないほど、体がバキバキになりました。
 年ですねえw 体力がどんどん落ちていきます。

 ほんとうはこのまま吉野に向かいたかったのですが、体力的にも時間的にも無理ということで、橿原神宮へ。



 参道。平らだ。<そこか反応はw



 鳥居。



 きれいな池があります。



 蓮が浮かんでいる。



 さっそく本殿へ。



 広い。



 広いです。



 中には入れないので、本殿を遠くにとった様子。



 参道には奉納された灯篭が延々と並ぶ。奉納額によって、大きさが違うようで名前が書いてあって、金参百萬円といった記載のされたプレートが掲示されている。

 以上で、奈良編は終了です!
 次はたぶん、神戸になるはず。お楽しみに!
| 関西周遊乗り鉄の旅 | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.story-fact.com/trackback/1195785