CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    マイケル村田 (06/24)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    hikali (06/23)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    マイケル村田 (06/20)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    hikali (05/21)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    マイケル村田 (05/17)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<<  関西周遊乗り鉄の旅 伊勢編 | main |  関西周遊乗り鉄の旅 奈良編 >>
 関西周遊乗り鉄の旅 伊賀・奈良路編
 こんばんわ。みなさま、お元気でしょうか。
 なかなかに、更新できなくて厳しい状況が続いていますが、あー、まあ、旅先だからねえと、思っていただけると、幸いです。

 さて、本日は伊賀路、奈良路編です。
 じつのところ、本日までに大阪・神戸も回ったのですが、カメラにSDカードを入れるのを忘れたというトラブルにより、残念ながら写真がありません。神戸はよかったんですけどね、大阪は聞くなw 大阪はやる気がないというか、いろいろ基本的な部分ができていないというか、少なくとも、地区をキタとかミナミとか呼ぶなとか、天王寺がミナミだと、たとえばオーストラリア人にわかると思ってるのか、と5時間でも、希望があれば何時間でも語りたい気分なのですが、東京はそういう意味ではわかりやすい。
 新宿なのか、池袋なのか、上野なのか、品川なのか、有楽町なのか。
 全部、駅名です。
 すさまじくベーシックなガイドブックを想定して、そこに書いてない言葉は一切書くな、というのが、正直な気持ちです。内向き過ぎるというか、こんなのでオリンピックとか度素人がなにをほざいている、という気分です。
 まずは、観光客がどんなガイドブックを読んでいるのかの研究を。
 東京が圧倒的な首都なんじゃないんだよ。
 大阪が、内輪受け都市すぎて、自分勝手なんだよ。
 なんで、食い倒れ町という駅が大阪環状線にないんだろ。名前変えるだけだよ。こんなこともできない人に、あれこれ言う資格はない。東京はとても親切だと、大阪を回ってほんとに思いました。
 たとえば、駅の番線表示に、なになに線の番線であるか(大阪環状線とか)、こんなこともできないんだと、愕然とした。だってさ、ガイドブックには、大阪環状線って書いてあるんだよ。それが、関空からそのまま来た人に、梅田方面とか書いてあっても、わかるはずがない。想像力がまったくない。お前ら来るな! と怒鳴っているとまったく同質なんだけれども、こんな簡単なこともなぜできないんだろう。

 さて、大阪に対するストレスを発散したところで(^_^; はるかによかった、伊賀上野と奈良についてに向かいましょう。
 特に、伊賀上野がよかった。
 また、奈良もよかった(というか、近鉄ががんばっている)。
 そのレポートにいってみましょう。

 伊賀上野は、伊勢からの旅路で関西本線の車内にあったつり広告に触発されたところがありました。
 伊賀路じゃん。徳川家康が、本能寺の変ののちに三河に逃げ戻ったルートが伊賀路なのですね。これは、あとでわかったのですが、関西本線のルートをそのまま通っている。そして、伊賀上野城を藤堂高虎が根拠とする覚悟を書いた言葉を読んで、戦国オタクとしてはキュンキュンきたのですね。
 伊賀といえば、忍者じゃん!
 外国のお客さんも乗っているのを見つつ、ニンジャイイネ! と伊賀上野へと向かいました。
 ちなみに、関西に欠けているのは(正確には大阪だが)、お客様感覚です。これは東京人はよく知り尽くしている。お客が喜んで、お金をじゃんじゃん落としてくれることを喜ぶ精神です。あれで、仕事してるとか思ってるのだろうかと、ほんとにおもってしまった。
 具体的には、それなりに書きましたが、案内表示が圧倒的にわかりにくい。
 あんなので、わかると思っているのか?
 だって、北極人が観光に来るかもしれないんだよ?
 東京が国際都市で、オリンピックを開けるかもなのは、その辺です。
 北極人にやさしくない都市、大阪なのです(ついでにいうと、東京人にも優しくないです)。
 香港とかすごいよ。東京も負けるほど。

 さて、つまらない話が続きましたが、伊賀路にいきましょう。
 伊賀上野は本当によかった。大阪とかつばはきたくなるぐらい。



 関西本線の車両である。1両である。



 伊賀上野駅。



 これは伊賀鉄道。



 伊賀上野駅前。



 山が切り立っている。



 アメリカのようなまっすぐな道。



 服部川。この辺に服部さんが住んでいたらしい。



 お城が見えた。



 これはなんだろうなあと思いつつ、たぶん上野公園の様子だと思う。
 伊賀上野というけれども、基本的には上野城なんだよね。
 伊賀は、おまけでつけてる。

 

 これは芭蕉記念館。松尾芭蕉って、出身が伊賀。
 それで、芭蕉忍者説とか、語られる。



 お城が見えた。



 これは、内部に入っている。
 天守閣からの眺め。






 続き。



 罰ゲームのような、下り階段。



 高石垣として有名な石垣。



 もういっこ。



 伊勢線です。

 今日はここまで。ならまでいかなくて、もうしわけないのですが、時間が厳しいw
| 関西周遊乗り鉄の旅 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.story-fact.com/trackback/1195784