CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    マイケル村田 (06/24)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    hikali (06/23)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    マイケル村田 (06/20)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    hikali (05/21)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    マイケル村田 (05/17)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< [hikaliのゲーム論](18)  小説の書き方 物語解析解説(後編part14) | main | [hikaliのゲーム論](19)  物語解析がしていること、判例がしていること 物語解析解説(後編part15) >>
 世界一の豪雪列車(たぶん)に乗ってきた! - 飯山線、全線踏破行 -
JUGEMテーマ:旅行


 こんばんわ! 荒ぶる乗り鉄たましいを満たすべく、行ってまいりました! 飯山線!
 どうです! 羨ましいでしょう!

 え? 飯山線ってなに? ですって?
 これだから、パンピーは・・・。

 これをお読みの皆さんは、豪雪を見たいとしたら、どうしますか?
 黒部アルペンルート? おお、なかなかいい線です。でも、あれって自動車やバスでしたよね? 荒ぶっているのは、乗り鉄たましい。
 乗り鉄には、はあ? アルペンルート? あんなとこ、線路あった? となるのです(^_^;

 しかし、あるんです、日本には豪雪鉄道が、それもおそらく世界一の豪雪列車が!

 ■ウィキペディアの「飯山線」の記事
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E5%B1%B1%E7%B7%9A


 長野県内では千曲川に沿い、新潟県内に入ると千曲川から名を変えた信濃川に沿って日本有数の豪雪地域を通る。沿線には野沢温泉などの温泉地やスキー場が多い。

 路線のほとんどが谷沿いの山間部を通るため、主に夏季は大雨による土砂災害、冬季は大雪による雪崩や除雪作業等によりしばしば運休することがある。森宮野原駅は1945年(昭和20年)2月に駅における最高積雪量7m85cmを記録し、それを示す標柱が駅構内に建つ。


 どうです、この豪雪ぶり!
 これぞ、日本一の豪雪鉄道、そして、もしかしたら世界一の豪雪鉄道です!
 みなさまの、乗り鉄たましいにも炎が付き始めたでしょうか。
 燃え上がっても大丈夫、周囲には雪しかありません(断言)。
 スノーホワイトの世界にダイブするだけで、燃え上がったたましいは満足へと変化するでしょう。


 ■全線踏破に必要な装備一式

 さて、このような困難な踏破行には、相棒と呼ぶべきツール類が欠かせません。
 わたしは折り紙つきの、キーボード付きハンドヘルド使いだったのですが、OASIS Pocket3以来使い続けてきたハンドヘルドからしばらく離れていました。

 これは単純に、WILLCOM03という、キーボード付きのスマートフォンが出てしまって、それでなんとかなっていたから、なのですが、いかんせん4年も使っていたので(一度バッテリー交換したほど)、時代遅れになりPORTUSという機種に乗り換えたのです。



 この機種は、PHSと3G回線のハイブリットで、Wi-Fiルーターにもなるという、かなりキバツな機種でして、まあいいや、これをルーターにして、端末はあとで別個で買おうと思ってキーボード付きハンドヘルドを探していたのですが、ありました!

 それが、sharpのNetWalker! 2009年発売の機種ですが、中古で入手しました。
 破格の13000円!



 しかも、この機種、もう前提からして、通勤電車でたって使うことを前提にしているのですね(^_^; なにこの、ターゲットわたし、な商品w 

 ■NetWalkerの紹介ページ
 http://www.sharp.co.jp/netwalker/pcz1j/index.html


 で、この商品、多分売れなかったんですね。
 あまたいるハンドヘルドフリークはどうしていたかというと、同じsharpのWILLCOM03に流れていて、WILLCOM03があまりにも使えるので、それで満足してしまっていた、という状況の模様。というかわたしの大学時代の友達のWILLCOM03ユーザ率高すぎw もう引退気味の機種なのに、いまだに使っている人が3人はいたなあ、という感じです。

 で、その層が、そろそろPORTUSに乗り換えて、キーボード付きを探し始める状況なのです。で、わたしは、うは、中古で13000円! 買い買い! とやっていたりするのです(^_^; というわけで、sharpさんにはこの状況を理解して、2014年ぐらいにtegra4(CPUの名前です)搭載のキーボード付きAndroid機を謹製していただきたい次第でございます。
 って、なんで、ねだってるんだw
 どうでもいいですが、初代NetWalker(<初代ってつけんなw)でも、案外戦えたりします。とろいのはWindowsCE機でなれているので、まあ、こんなもんだろ、ぐらいにしか思ってないのですね。
 それよりも、キーボードがついているか、ついていないか、これだけなんです。
 あと、通信機能はWi-Fiのみでよろし。
 みんなデザリング機ぐらいは持ってるんだから。
 圧倒的に足りないのはデザリング前提のハンドヘルドなんです。


 ■大宮到着、とりあえず、なんだかわからないけれども長岡に行くまで

 大宮です。


 なぜか、2時前になっておりますが、これは単純に、それ以前にいろいろやらなくてはならないことが多かったせいであります。この写真、わたしの冷や汗とは別に、いい写真ですね。わたしはポケットからカメラを取り出して、2秒ぐらいでパシャっとやっているだけなんですが。

 とりあえず、高崎線で出発しますが、いかんせん、時間がまずいw
 もう14時だぞ、ということで、あかんことに気づきました。
 熊谷駅で降ります。


 過去の熊谷っぽい。説明がない。こういうのってさ、その展示に何人集めるかの勝負じゃない? であれば、詳細すぎる説明をあちこちに貼り付けるのが筋じゃない? というか、おまえら美術展いったことがないだろ、と基礎的すぎる点を指摘しつつ、熊谷がいかにレベルが低いかをどうどうと展示してますが、どうしますか? という何がやりたいのかよくわからない人々に丸投げしてみましたが、おそらく本人も何も分かっていないだろうと、そう思います。


 熊谷です。
 ここで降りたのは、時間的にまずいと思ったから。
 初期の計画では前線ローカルで行く気でしたが、ああ、間に合わないなと思い、新幹線に乗り換えます。


 あわてていますが、その間に、煙草を吸っていると思うと整合性が取れるかと、煙草と水分補給ですね。



 とりあえず、越後湯沢まで。たしか、この付近になんか線路が通っていたような。正確には、ここから数駅のところに、ほくほく線が六日町から十日町まで通っていたんですね。
 本来の計画していたルートは、そのルートでした。


 しかし、あわてて飛び乗った新幹線が、越後湯沢に止まらなかったw

 

 ここどこ?


 長岡です。
 長岡ってなに? ここどこ? そういう感じで旅を進めておりますw
 ちなみに、乗車券は駅員さんに言って、精算しました。
 なにかわたしのいい加減な人生が精算された気が・・・。
 たぶん、失ったのは追加で徴収された2000円強だけなはず(はず、はず、はず・・・)。

 とりあえず、市庁舎込のモスで食事をして、あらまあ、これはどうしたらいいんだろと考え、とりあえず、このへんの鉄道事情がわからんと、愛機NetWalkerを起動。日本全国で保証されている、ユニバーサル環境の恩恵を受けます。

 とりあえず、路線図が見たいと、路線で検索したら、出てきたのがyahooの路線検索。
 おお、その手があったかと、検索してみたのですが、検索が「長岡発」「長野行」。
 どんだけレアなんねん! とつっこみたくなりましたw そうしたら、新幹線で高崎に戻って、新幹線で長野に行くのが最適! とか親指立てられても・・・、という状況で、その次は高速バスかよw という状況だったのですが、6番目ぐらいに、ようやっと飯山線を発見。
 もう16時。
 長岡に16時ですよ。もう、ほんとうに「帰れるのか」ということが胸に迫る時間でございます。こっから、豪雪地帯に突っ込んで大丈夫なのか? という時間だったりします。
 このへんで、なんとかなるだろうと思えるのは強みかもしれません。
 いく、これはいかなければ新幹線乗った意味がないだろ。
 そんな格好いいことを考えていたとは思えないのですが(^_^; これは行けるだろうとたぶん思っていたのです。

 メモにyahoo路線案内の記述が残っています。

 長岡
 16:32
      4駅
 16:54
 越後川口
 16:59
      飯山線 5駅
 17:26
 十日町
 17:34
      飯山線 16駅
 18:56
 戸狩野沢温泉
 19:06
      飯山線 12駅
 20:05
 長野

 飯山線はちゃんと接続を考えてくれているのですね。
 あれ? なんとかなりそうと思ったのと同時に、これを逃したら遭難しそうと思ったのは確かです。NetWalkerの検索は頼りになるけれども、こいつは電池が切れたら終わりだ、で、手帳にメモったのです。このスケジュールを、綱渡りの計画をミスったら、終わりだと。案外、この10分刻みのスケジュールはタイトなんです。10分遅れたら一切のリカバリーが効かないと考えると、いかにシビアかがわかると思います。
 帰宅できないかもしれないというリスクと隣り合わせなんです。


 たぶん、越後川口駅です。
 冒険のはじまりです。このへんで、もうやばい感じが漂っています。


 越後川口ですね。そして、ホームに誰もいない・・・。
 もちろん乗客は数十人ぐらいはいました。


 こんな電車です。ディーゼルらしい。


 雪ならいくらでもありまっせ! 感がすごい。


 これは十日町に到着の図。
 十日町は、ほくほく線が接続していて、非常に栄えています。


 うまく撮れなかった。


 だいたいこんな感じ。


 暗くなってきて、だいぶ撮影が厳しくなってきたようす。
 これは一応、信濃川を撮っている。この飯山線はひたすらに信濃川沿いに走るので、その信濃川が美しいのです。名河だなあと、ほれぼれするのです。


 ちなみに車内は、わたしひとり。ほかに誰もいません。
 この車両は無人駅ばかりで、料金の精算をするのが、運転席以外にありえないので、運転席そばのドアしか開かないのですが、何度もアナウンスされるたびに、ああ、これは、よくわかっていないひとが無防備にホームとかに出ちゃって、遭難するのを防止する施策だな、と思うほど、ここは降りたらやばいという駅が多かったです。

 ちなみにwikipediaで調べたら、とりあえずわかっている駅の信濃白鳥の一日の平均乗降客は6人。6人って0人の誤差だろw と思ってしまうのですが、この情報を知った時に思ったのは、ああ、あの駅の周辺って6人も人が住んでいるんだ! というもの(^_^; そんぐらいのところなんですね。

 ちなみに著名な温泉郷である戸狩野沢温泉駅は300人。
 長野駅は3万人。
 わたしはさいたまの田舎の住宅街に住んでいるのですが、乗降客数が長野駅より多い・・・。あの駅、長野駅より人がいるんだ・・・、とショックを受けた次第です。ちなみに大宮駅は30万人。


 戸狩野沢温泉駅に到着。
 この付近は、温泉が乱立していて、車窓から温泉の看板を見るたびに、ああ、温泉って偉大だなと思いました。こんなところまで人を引っ張れるなんてって。


 その後、長野に到着。
 ここから、21:08だったかの長野新幹線で、大宮に戻ります。

 なんか、ぜんぜん語っていない気がする旅行報告ですが、まあ、聞きたいことがあれば聞いてね、という感じ。感想をいえば、充実感がすごかった、です。以上

| | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.story-fact.com/trackback/1195764