CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    hikali (05/21)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    マイケル村田 (05/17)
  •  『あらしにあこがれて』15
    hikali (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    hikali (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    綴 (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    綴 (05/02)
  •  『あらしにあこがれて』15
    綴 (04/29)
  •  『あらしにあこがれて』15
    綴 (04/29)
  • GB解析 -FG- 魔界塔士SAGA 冒険者たちのレクイエム 原作を忠実に追ってるかなあ
    hikali (04/27)
  • GB解析 -FG- 魔界塔士SAGA 冒険者たちのレクイエム 原作を忠実に追ってるかなあ
    マイケル村田 (04/24)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< 香港旅行に行ってきた!(10)  再びトラム! 今度は西へ! | main | 香港旅行に行ってきた!(12) スターフェリー・ハーバーツアー! 本番! 前半! <えっ? >>
香港旅行に行ってきた!(11) スターフェリー・ハーバーツアー!
 JUGEMテーマ:旅行


 こんばんわ!
 香港旅行報告、第十一弾をお送りします!


 今回は、スターフェリー・ハーバーツアー!
 いよいよ香港旅行のクライマックスが近づいてきました!

 このスターフェリー・ハーバーツアーは、香港島と九龍半島の間にあるビクトリア湾をスターフェリーで1時間近くクルーズするというものなのですが、1時間ごとに発着しており、お値段も恐ろしくリーズナブル(80香港ド=800円、1ドリンク1お菓子付)という、ぜひともオススメな観光スポットです。

 わたしが、香港で何が一番よかった? と聞かれれば、まず真っ先に、スターフェリーを挙げるでしょう。このスターフェリー・ハーバーツアーに限らず、香港島と九龍半島の間を行き来するのに便利であるのはもちろんですのですが、スターフェリーに乗ると、ほんと、香港って港なんだね、という気分が存分に味わえるからです。

 潮風に吹かれて、8分の船旅をしても、たったの2香港ドル=20円。
 あまりにもお得なアトラクションを味わった気になり、ビクトリアハーバーの両岸にそびえる高層ビルに息を飲むことが出来ます。
 わたしが、香港随一の、香港で一番の一等地はどこかと聞かれれば、わたしは真っ先に答えるでしょう。

 ビクトリア・ハーバー!

 そんな、ビクトリア・ハーバーを1時間かけて堪能し続ける、それがスターフェリー・ハーバーツアーです! わたしは残念なことに、昼間のツアーなのですが、もちろん、この香港最上の一等地をめぐるツアーは、夜景きらめく夜間も当然のように敢行しています(ただしお値段が、120香港ドルになりますが・・・)。
 どうよこれ! というわたしの紹介に心動かされたのならば、ぜひぜひ、夜間のハーバーツアー! 未体験の領域は保障済みですので、お試しくださいませ。
 正直、わたしは昼間だけで、頭がくらくらしました。
 それぐらい、いかに香港がめちゃくちゃであるかが、手に取るようにわかるのが、この、スターフェリー・ハーバーツアーだからです。

 ■とりあえず、バスで中環に戻る


 前回、とりあえずトラムの終点まで行ってみたのですが、そこは公園になっていて、さて、来てみたはいいのだが、この先どうしようかと思っています。


 困ったなあ、トラムも行っちゃったし・・・。
 で、すぐ近くにバス停を見つけます。

 で、しばらくするとバスが来る。それに乗り込もうとすると運転手にものすごい勢いで中国語で怒られるのですねw な、なんでだめだと言われているのか、さっぱりわからない・・・。
 このあたりは、ホント、香港のバスが難関の部類に分類される理由でしょうね。
 実は、わたしがバス停だと思ってバスを待っていたところは、降車専用のバス停だったんですw これが外国人というか、少なくとも外国人である日本人には全く見当もつかないw どうなっているのかが、さっぱり想像できないのです。この辺はある意味香港のバス路線はガラパゴスなのだなと、逆視点で思ってしまった次第です。

 こうなってくると、指針は一つです。
 現地民がやっているのが正しいので、バス待ちをしているバス停を探せです。
 これでだいたいうまくいきます。

 それで、付近に無事、乗れそうなバス停を見つけ、とりあえず中環って路線図(ただし鉄道のように、真っ直ぐな路線図。日本のある程度地図的位置を考慮した路線図があれば、恐ろしく効率が良くなる気がするのですが・・・)に書いてあるし、たぶん大丈夫だろうと、乗り込みます。


 バスからの写真。


 わかりにくいのですが、窓に子供たちの描いた絵が飾ってある。


 だいぶ、近づいてきました。


 これは何をとったのかわからないw


 中環に近づいてきました。


 バスを降りて、スターフェリー乗り場に歩いています。

 たぶん、このあたりで迷って、タクシーを使ったと思われる、使ったっけ? 使ったんじゃない? あまりにもタクシーを使いすぎて、何が何だかわからなくなっているのですが、たぶん、あの記憶に残っているタクシーはこのタクシーだったような、そんなかんじw

 タクシーで行くような距離じゃないんですけれどもねw
 道が本当にワカランなのです。
 迷って、うーん、これはわからんとなったら、「へい、タクシー!」。
 これは香港では必勝です。
 で、地図を出して、日本語で「ここへ行ってください」と話して指差す。「OK! OK!」と助けてくれます。

 香港のタクシーは、本当に飛ばします。
 普通の道路は60キロまで飛ばし(あれ? マイルという可能性もある?)、とにかく渋滞に捕まると、乗客のいらだちを代弁するように、前の車を煽ったりします。日本のタクシーにそうして欲しいとは思いませんが、とても戦闘的なのです。
 免許取って一年ちょいぐらいのわたしにしてみれば、肝を潰すような運転ばかりで、なんだ、この路上の格闘技と思ってしまったのです。

 ■チケットを買った客には絶対に損をさせない香港

 これが一種のクライマックスなのですが、香港島側のスターフェリー乗り場で、スターフェリー・ハーバーツアーのチケットを売っていることを発見したんです。
 おっと、こっち側でも売っているのか。
 時刻表を見ると、どうも、15分後。
 ラッキーと思って、近くにあったホットドック屋で(昼飯食ってなかった)、ホットドックを頼み、わりかし観光客価格だなと思いつつ、むしゃむしゃやっているうちに、どうも、その15分がありえない形で過ぎてしまったもよう。
 5分前に集合地点にいくと、誰もいない。
(5分前行動)
 真っ青になって、通常のスターフェリーに勤務のスタッフにチケットを見せたら、慌てて対応してくれました。
「あと、もう一人いる! まて!」
 駆け足で走って、大声で叫んでくれました。
 

 無事たどり着いた船内です。


 こんな感じになっている。





 この先、見たい?

 見たくないならば、香港へ行くべきです。そうすれば、自分のモノにできる。簡単に行けるのだから、簡単に行けばいい。それで、酒を飲んで、うまいものを食って、うまいといえばいい。香港はなんでも美味しい。

 なんか、香港の販促シリーズでしたが、まだ、何回かつづくので、お願いします。
 ハーバーモードは難しい・・・。

| 香港旅行 | 23:01 | comments(2) | trackbacks(1) |
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
| 職歴の書き方 | 2013/01/23 12:50 PM |
 コメント、ありがとうございます!
 またいらしてくださいませ!
| hikali | 2013/01/23 9:11 PM |









http://blog.story-fact.com/trackback/1195749
日本からお菓子が届いた…外国人の反応 ほか
日本からお菓子が届いた…外国人の反応日本から送られてきた段ボールいっぱいの日本のお菓子や雑貨を、ひとつひとつ手に取り解説する男性。コアラのマーチ、ポッキーなど、おなじみのお菓子が続々に登場。男性...
| 映像トピックス【バックナンバー】 | 2012/11/07 12:02 PM |