CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  •  『マネーショート』を観た!
    萬太郎 (10/03)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (05/08)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (05/04)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    hikali (03/29)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    マイケル村田 (03/25)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< 無事退院できました! | main | 映画評コーナー始めます! >>
『旅する真葛』をリリースしました。

 こんばんわ、hikaliです。
 えーと、ずいぶんのご無沙汰でしたのですが、小品、旅する真葛、をリリースしましたので、一応お知らせしておきます。

 この数ヶ月間、ちょっと骨折から始まった感染とか、まあ、ググってくださいな話なのですが、さんざんな事態に巻き込まれました。それで、どうしても、こっちにかまってられなかったのはすまんと思いつつ、いやーすさまじくたいへんでしたと。

 ここでご紹介する、旅する真葛は、一応、病気と手術でうんうんいっていたときに、一発発起で、何とか書き上げた短編です。もしよろしければ、その火事場の馬鹿力はどんなもんかと、軽く触って頂けると嬉しいです。
 読む人を選ぶ物語ですが・・・。

 ■旅する真葛 - カフェ・シャムロックの事件簿
 http://p.booklog.jp/book/17247

JUGEMテーマ:読書


| 物語研究 | 16:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
hikaliさん、
『旅する真葛』を楽しませてもらいました。
マスターの優しさが、円紫師匠を思い出させてくれて、
本棚から久しぶりに北村薫を探してしまいました。
真葛焼に関する情報を調べてみて、宮川香山を見つけ、「オォッ」と一人で唸ったりしておりました。

私の一番好きな部分はここです。
店内には若い店員だけが残された。
「ふぁ、ファーストネーム……?!」
| T2 | 2010/12/26 7:56 PM |

 T2さん

 こんばんわ! コメントありがとうございます!
 『旅する真葛』、お読み頂きありがとうございました!

>マスターの優しさが、円紫師匠を思い出させてくれて、
>本棚から久しぶりに北村薫を探してしまいました。

 おっと・・・。北村薫は、わたしの心の師匠なので、だいぶ近いところはあるのですが(実力はぜんぜん及びませんが・・・)、円紫師匠を連想頂けたとは、ちょっと恐縮すぎて、縮こまってしまいます(^_^;

 わたしが空飛ぶ馬を読んだのは、確か高校生ぐらいの時で、小説を書き始めた大学生の頃に、絶対これを書けるようになってやると必死に真似たのを思い出します。それからずいぶん時間が経って、ようやっと北村薫っぽい話にたどり着けました。
 それが円紫師匠を、というのはとても嬉しかったです。

>真葛焼に関する情報を調べてみて、宮川香山を見つけ、「オォッ」と一人で唸ったりしておりました。

 真葛は、高浮き彫りがよく取りざたされるのですが、実際、高浮き彫りのものはあんまり数が多くなく、実際に取引されるのは、釉薬がきれいなやつが多かったりします。
 ただ、あの遊び心はいいですよね。
 ちょっとやり過ぎじゃないかという気がしないでもないのですが(^_^;

>私の一番好きな部分はここです。
>店内には若い店員だけが残された。
>「ふぁ、ファーストネーム……?!」

 ありがとうございます(笑)。
 ここはベタすぎるかなとか思ったのですが(笑)、ベタベタなの好きなんだなあと、自分でおかしくて、くすくす笑いながら書いておりました。

 コメント本当にありがとうございました。
 またなにか書けたら、出していきますので、お読み頂ければ、ほんとうに嬉しいです。
| hikali | 2010/12/27 9:08 PM |









http://blog.story-fact.com/trackback/1195695