CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  •  『マネーショート』を観た!
    萬太郎 (10/03)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (05/08)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (05/04)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    hikali (03/29)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    マイケル村田 (03/25)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< 名作ゲームブックのパラグラフ組みを徹底研究 サイボーグを倒せ(中編)[細密GB解析] | main | 【第四回】ミニゲームブック更新! 海賊との交渉シーン中心です。 >>
【第三回】ミニゲームブック更新! ティコのシーンの更新が中心です。
 こんばんわ! 管理人のhikaliです。
 えっとかなり遅れることになりましたが、ミニゲームブック「幽霊船」の更新がありましたので、お知らせします。

 えっと、今回は15パラグラフの更新です。なかなか上がらないのですが(^_^; 今週末は三連休なので、がんばればもうちょっとできるかも。
 徐々にペースを上げていきたいと思いますので、気長に生暖かく見守って頂けると幸いです(^_^;



 ■紹介エントリー
 【実験的ゲームブック】「幽霊船」リリース!

 ■使い方エントリー
 【バグ修正かんりょ!】ミニゲームブックの使い方 - miniGB - 「幽霊船」




 さて、では、参りましょう!
 「幽霊船」第三回目の更新です!


 シーン5 87.

 ・少女についていく
 女だとわかれば何者かに襲われるかも、なんてことはシスティア人は気にしない!とにかくザンの街に何が起こっているか知るためにも、少女の伝えたいことを知っておいたほうがよさそうだ。


 ありがとうございます! 直球ストレートで、文面にも反映させて頂きました! その先の、「通りへ出て、海賊たちの正体を探る」はそこからうまれていますw


 ●少女についていく
 http://story-fact.com/miniGB.php?gb=1&cl=5#107


 ・変装に使えそうなものを探す
 少女だと分かると、危険かも。 家の中を探せば、何か見つかるかもしれない。


 ありがとうございます! えっと、実はなにも見つからなかったという形にはしたのですが、この選択肢よりかなり面白い展開になりそうです。


 ●変装に使えそうなものを探す
 http://story-fact.com/miniGB.php?gb=1&cl=5#108


 ・連れて行く先を問う

 これは、具体的な内容がなかったのですが、とりあえず、選択肢のみで判断させて頂きました。ありがとうございます。


 ●連れて行く先を問う
 http://story-fact.com/miniGB.php?gb=1&cl=5#106



 シーン3 96./97.

 ダガーを鞘にしまい、母親のほうにすべらせる。そのうえで、両手を上にあげ、害意のないことを示す。

 子供を人質にとって黙らせるのが手っ取り早いのですが、主人公の性格からすると、そういう選択肢はないかなと思ったので。ダガーには予備もあるので、たぶんこうするのが無難だと思います。


 えっとここは、状況に合わせて、展開させて頂きました! そこそこ奥まで書きましたので、ご確認ください。

 ●ダガーを鞘にしまい、母親のほうにすべらせる。そのうえで、両手を上にあげ、害意のないことを示す。
 http://story-fact.com/miniGB.php?gb=1&cl=3#114


窓から外の様子を窺う

 主人公の実力ならこのまま殲滅できるかもしれませんが、敵が、火責めなど対応のしにくい行動に出るかもしれないので、建物を包囲している敵がいないようなら、鉤縄を使って外に逃げてしまったほうがいいかもしれません。あるいは、隣接している建物があれば、それに飛び移るなど。また、敵を生かしておけば、尾行して、領主や老兵との関係を探ることもできるかもしれません。


 ここはかなり深くなっております(^_^; もうちょっと深く掘れといいのですが、けっこうこういうシーンを書くのは難しい…。

 ●窓から外の様子を窺う
 http://story-fact.com/miniGB.php?gb=1&cl=3#115


 と、以上です。
 地味です…。もうちょっと派手にやりたいなあとは思うのですが、精進が足りない…。



 ■紹介エントリー
 【実験的ゲームブック】「幽霊船」リリース!

 ■使い方エントリー
 【バグ修正かんりょ!】ミニゲームブックの使い方 - miniGB - 「幽霊船」




JUGEMテーマ:ゲーム


| ミニゲームブック更新 | 22:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
お久しぶりです、升斗です。
「幽霊船」遊んでます。ただ私今回、シーン5の112項に「ティコが、少年に何かを伝えようとする」という主人公以外の行動を制限するような選択肢を書いてしまいました。
お手数ですが、たとえば「ティコに説明してもらう」のように、主人公がティコに説明を促すような表現にそちらで変えておいていただけないでしょうか?
(hikaliさんが、変更する必要はないと判断されれば、もちろん結構ですが)

追伸、ツイッター読んでます。シェイクスピアの研究書では、喜志哲雄さんの「シェイクスピアのたくらみ」「喜劇の手法」は私は結構面白かったと思ったのですが、どうでしょうか。(今パラパラと読み返してみたら、やっぱりシェイクスピアを褒めすぎかも、でも目の付けどころは面白いと思うんですよねぇ。。。)
| 升斗 | 2010/07/20 11:07 PM |


 こんばんわ。お久しぶりです。
 「幽霊船」いじって頂いて(笑)、大変嬉しいです。

 > ただ私今回、シーン5の112項に「ティコが、少年に何かを伝えようとする」という主人公以外の行動を制限するような選択肢を書いてしまいました。

 ん…。これは問題ありません。えっと、できれば表現を変えて欲しいとのことですので、これはわかりやすいように、頂いたとおりに変えますが、そんなに神経質になることではありませんよ(笑)。
 厳密に行くよりも、いい加減でも一石二鳥を狙っていきましょう。
 なんか上手く行くかもしんない。この精神が大切です。

 >追伸、ツイッター読んでます。

 あー、これはきわめて特殊な状況に陥っているので(笑)、説明が難しいのですが、まあ、なんか、変なことを、かなり高いプライオリティを持ってしてるなと、思って頂いて構わないのですが、基本的にわたし語りですので、なんかどこかで話していなかったことが、これで解明されれば、嬉しい限りです。

 >シェイクスピアの研究書では、喜志哲雄さんの「シェイクスピアのたくらみ」「喜劇の手法」は私は結構面白かったと思ったのですが、どうでしょうか。(今パラパラと読み返してみたら、やっぱりシェイクスピアを褒めすぎかも、でも目の付けどころは面白いと思うんですよねぇ。。。)

 おっと、読んでないですね…<最低(笑)
 これはせっかく頂いたので、一週間以内に読んで返したいと思います。
 いいわけをしておきますと、シェイクスピア学者は、シェイクスピアの表面だけを追う傾向があるのです。なので、うげーと、へいへきしているというか、そこに陶酔するのは、五歳の時に済んだよと思うというか、まだそこやっているの? というか。30代の出来上がった大人としては、感動しにくい大人としては、シェイクスピア駄目じゃないとちくちくやっている方が楽ちんで、ここに物語解析の容赦のない論理が投入されると、

 それ意味ないから。人生の浪費だから。

 と、有望者を根こそぎ打ち破る、破壊力がある。
 そんなもん
| hikali | 2010/07/21 11:58 PM |









http://blog.story-fact.com/trackback/1195688