CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  •  『マネーショート』を観た!
    萬太郎 (10/03)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (05/08)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (05/04)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    hikali (03/29)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    マイケル村田 (03/25)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< 大掃除雑感 | main |  Twitterボット、産業革命人たちのことば、を作った! >>
『死神の帰還』〈前編〉

 『死神の帰還』

 最後の一語を読み上げたとたんに娘が泣き崩れたのは、その結末が兄の死を書いていたからだった。傍らに控える通訳に署名を求め、わたしの報告書が適式の書類になっていくのをぼんやりと眺めるうちに、羊皮紙の上を通訳のきれいな署名が走り、閉じられ、渡される。
「そのキュディス人の署名も、必要になります」
 ああ、と立ち上がると、長いこと異国の言葉で読み続けた喉の痛みに気付く。
 分厚い報告書を抱え、豪奢を尽くした悪趣味な執務室を横切りながら、船上での仕事はこれで終わりだと急に気がゆるんでよろめきそうになる。船の揺れが少なくなったのは内港に入ったからであり、それで醜態をさらすことにならなかったのであるが、それはわたしが法で裁かれるときが近づいていることを意味した。
 堅い樫の椅子に座り、泣きじゃくる娘の前に報告書を置く。
「署名が必要だ。これが真実であるならば署名を」
「ですが、これは兄の不名誉です」
 緊張を解かれて感情を振りまくそのうつくしい娘を見つめ、諦めたように呟く。
「ならばいい。事実はなかったと逃げ回るといい。しかし、これは不名誉ではなく、お前の兄は戦いに敗れただけで、堂々と戦ったと書いてある。逃げ回るということは自らがやましいということを認めることだ。自らにやましさがないと分かるなら、逃げ回らずに現実と戦え」
 はたかれたような表情で娘は視線を上げ、わたしの視線を受けると、震える手でペンを手に取る。どっと疲れが出たような気がして、娘の向かいに座る。北方の大国キュディスでの顛末はこれで終結したはずで、報告書が適式であろうがなかろうが、それが発禁処分となることはわかりきっていた。
 木製の、奴隷用のカップを握り、生ぬるい水を飲む。
 ひからびたような喉をしめらせ、息をつく。
 窓の外の海鳥の声に気づき、次の戦場がやってきたことを確かめる。
(この女はなにと戦っているのだろうか)
 そう想起したときに、自分が抱え込む膨大な戦いの全貌が見えた気がして、吐き気がし、手の中のカップを掴んでいるのが困難になる。まずは法廷、そこから海洋の覇権国家シドの闇はどれだけ深いのだろうと、その先を読むことはできそうになく、ラスペに潜む闇の商人たちとそのネットワーク、シドの成り立ち、この国家がどのように維持されているか、そして犠牲になっているものたちの嘆き、もし全貌が明らかになったときにシドの最高権力者たちはどのような処断をするか、と途方もない広がりが目の前に広がる。
 娘が、必死の表情で署名するを眺める。
 きれいな指が、わたしの分厚い報告書に署名していく。
 数秒の時間のはずだったが、永遠に思えた。
 そう軽口をたたいてもいいほど、あっけない膨大だった。
 報告書を受け取り、よくがんばったなと言葉をかける。それからなだめる。わたしはもう一度、豪奢な執務室を横切り、その椅子に座って、通訳という名目のシド貴族に話しかける。
「これで終わりだ。さすがに疲れた」
「そ、そうでしょうか? 読んだ限りは」
 わたしは、シッと指を立て、言葉を止める。
「舞台に立つ勇気があるなら立つがいい。わたしは止めない。だけどあんたにはその義務はない。これはわたしの問題だ。それとも戦いたいか? 世界と?」
「いえ」
 くちびるを噛みしめる青年を頼もしくみる。
「あんたは仲間だ。同じものをみている。だけど、危険は侵すな。いつでも門は開いている。焦る必要はない。頼りにしている」
 愕然とする青年に微笑みかける。
「しかし、ガスコイン卿。あなたはたったひとりで」
「リニーだ。キュディスでもひとりだったとは思ったことはない。いま仲間ができた。だからいまもひとりじゃない」
 肩をたたく。
 船内の誰もがわたしを怖れているのは分かっていた。
 32名の水夫たちも、仕える数名の北方蛮族たちも、この青年も、わたしという存在は心をわしづかみにする存在であるようで、それはキュディスでの顛末がわたしというたったひとりの小娘を特別な存在に仕立て上げているようだった。
(借財の形にしては、いい仕事だったか)
 乗っ取った奴隷船が唯一の戦利品で、その忠誠は生命を維持する方便にすぎないのではあるが、いまは、少なくともラスペに上陸するまでは手放すことができない安全であるのだ。
 もう寄港が近いのに旅装を解かないのはそのためであるし、冷たい声も、貴族然とした態度も、軽蔑したようなまなざしも、厳しい言葉も、すべては船をわたしの支配下に置いておくためであることは否定しない。
 100人の奴隷を収容可能な船を、マードックの元部下たちが占拠することの方が正当性があるし、無気力な水夫たちが結託すれば、それは容易なはずだった。
「御客人」
 執務室に水夫長が現れる。わたしは、冷たい声で話す。
「なんだ」
「接岸の許可が下りました、その」
 水夫長の怯えた瞳を、深くみつめる。
 毅然と立ち上がり、帯剣したまま、その横を通り抜ける。
「罰を受けるのはわたしだ。お前たちにはなんの罪もない。それとも、このような船の水夫をしていることを恥じているのか? ならば恥じろ」
 振り返ると、縮み込んだ老水夫の姿があるのみで、それに感慨は浮かばない。
 わたしにはまだ彼の地での戦の音が耳鳴りのように残っていたし、フードを払えばこびりついた粉雪が舞うような気がした。それでも、甲板で見上げた太陽は南国のまぶしさで、ねっとりと肌にまとわりつく海風は故郷を感じさせた。
(戻ったか、ラスペへ)
 大洋の覇権国家シドの首都ラスペの街並みを海から眺め、フードを脱ぎ、髪がなびくままにして、ふと浮かんだのは、庭には野バラが欲しいというささやかで陳腐なことだった。財産を売り払って山村に住み、葡萄酒とチーズを作って静かに暮らす。そのとき、庭に野バラがあるといい。書物はどうするのか。それなら神殿を頼って修道女のような日々の方がよいだろうか? しかし、その神殿に野バラを植えることは許されるのだろうか?
 そんな他愛もない空想をし、それよりいまは暖かい暖炉の火にあたりたいと願う。
 キュディスでの自由交易都市アドレルを巡る争いは心を凍てつかせるには充分で、その苛烈な結末に対する罰をシドはわたしに受けさせることは自明だった。
(だれか、野バラの庭を欲しいと思ってくれる人が現れるのだろうか)
 戦場は目の前にある。
 接岸の準備が整うのを、ぼうと眺める。

 練習中。
 リニーの帰還は書くつもりがなかったので、よい練習でよい。
 
| 文章力修行中 | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 昨年の記事









http://blog.story-fact.com/trackback/1186133