CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  •  『マネーショート』を観た!
    萬太郎 (10/03)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (05/08)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (05/04)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    hikali (03/29)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    マイケル村田 (03/25)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< 新型iPod shuffle(2GB)を買った! が、オートフィル機能が使えないんですけど!!! | main | GB解析 -FG- 桃太郎伝説スペシャル 雪の女王に挑戦! 相変わらずギャグ満載…… >>
GB解析 -FG- スーパーマリオブラザーズ マリオを救え! 双葉文庫第一作

 眠れぬ夜をお過ごしのゲームブックフリークのみなさま、こんばんわ。
 ゲームブック解析でございます。

 だいぶ息抜きに、解析をしてきたのですが、その成果をさらしておきましょう。
 なかなか難所に到達し、まあ難所というのは、たいていいいシーンなのですが、むずかしい・・・。

 さて本日は、双葉文庫ファミコン冒険ゲームブックの第一作となる作品、スーパーマリオブラザーズ マリオを救え! をお届けします!

 いやー、いままで、なんで放置されていたのか、という疑問がわかないでもないのですが、まあ、とりあえず、本日ご紹介できる運びとなったので良いこととしましょう(<超意味不明ないいわけ……)。

 本書は勁文社のアドベンチャーヒーローブックスのような横組みの体裁のゲームブック。
 樋口センセあたりからはじまった、双葉初期ものの本格化以前の作であり、逆に言えば、ここから信じられない進化をしていったのだなと思える、出発であるのです。

 いわば、これは白亜紀のネズミであり、その後、恐竜の絶滅を持って、ほ乳類の時代へと移行していくのですが、われわれはどうしてもあの巨大なマンモスやメガリウムの巨体を見ると、そのはじめがネズミであったとは信じがたいのです。
 しかし、このネズミはれっきとした先祖であり、これまで見てきた、ジャパニーズ・ゲームブックのポップさ、キャッチーさ、豊かさを生み出した母体であるのです。
 前回ご紹介した、本作の続編は、同じ池田美佐さんの手で、なかなかな作へと育っています。

 しかし、ここからはじまったのかと、ためいきをつきたくほどの、技術レベルの低い作品。
 一例を挙げれば、本作の310項目のうち、3分岐10項目、2分岐101項目、分岐なし199項目と、おそらくこれをお読みになっているゲームブックフリークのみなさんには、数字が間違いではないのかと、驚愕するようなスコア。
(もちろん完全データを元に出している数字なので、この数字は正確です)
 なんと、このゲームブックは2/3弱の項目が分岐しないのです。
 いかに、この作品があくまでプロトタイプあり、逆に言えば、ここからなんと驚くべき進化がはじまったんだろうと、途方にくれてしまうのです。

 まあ、山でも見てみましょう。



 はあ、この数値でも、これぐらいの山は作れるのですねえ。
 たぶん、これは収束させる技術も発展していなかったので、だらだらと拡散している状況なのだと思うのですよね(あくまで想像)。
 まあ、よい。

 本作にはおまけのように、ルイージの大冒険という40項目ぐらいの作品が付いています。こちらも見ておきましょう。



 なるほど。
 FGで。







| ゲームブック解析 -FG- | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 昨年の記事









http://blog.story-fact.com/trackback/1153643