CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (05/08)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (05/04)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    hikali (03/29)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    マイケル村田 (03/25)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    マイケル村田 (06/24)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< GB解析 -HG- 仮面の破壊者 細かく丹念なゲームブック | main |  え? あなた、ペリクレスより立派な人間だと思っているの? >>
詳細GB解析 サイボーグを倒せ [前編] スティーブ・ジャクソン・マジックを完全解析
 眠れぬ夜をお過ごしのゲームブック・フリークのみなさま、こんばんわ。
 「詳細」ゲームブック解析でございます。

 と、来ましたね!!
 詳細ゲームブック解析!!
 5ヶ月ぶりぐらいでしょうか。ジャングルの要塞の制作突入直前にもやりました(笑)。

 もー、困ったときの詳細解析、わらにもすがるぞ詳細解析、と非常にわかりやすい管理人で申し訳ないのですが(^_^; 今回、どうしても今作っているゲームブックの中盤の構成を作るのに、巨匠の作品を参考にしなければならなかったのです。

 というわけで、やってまいりました!
 スティーブ・ジャクソン謹製、「サイボーグを倒せ」です。
 本作は、おそらく英ジャクソンが、ソーサリー4部作を完成させた直後に新しい試みとして、投入された作品。

 1.番号ジャンプを多用する事、
 2.そして小さなクラスターを単位として、そのクラスター間をぐるぐる回す構成

 とふたつの大きな特徴があるのですが、今回わたしが欲しいのは、後者の技術。
 前者は、他のゲームブック作家に真似されて、わたしが何度もしつこく危険だと文句をつけてきた手法で、これは批判の対象なのですが、実はこのサイボーグを倒せには、顕著な素晴らしい技術があるのです。
 うーん、これを真似た人って、いるんですかね? と思ったのですが、ありました。
 スタジオハードが、ルパンシリーズの「華麗なる挑戦」でやってますね。
 今、気付きました。
 ほほー、なかなか勉強家です。

 ■詳細GB解析 -HG- 華麗なる挑戦 白眉のクラスターテク
 http://blog.story-fact.com/?eid=1066663



 今回、このすばらしいスティーブ・ジャクソンの遺産をほじくり返し、その地中に埋まる黄金をざくざく頂いてしまおう、うっしっし、という解析なのですが、かなり文章量が込んでしまうことは間違いありませんので、[前編][後編]の2回に分けて行いたいと思うのです。
 今回は、[前編]。
 まず、そのクラスター解析の結果をあらわにし、どのような全貌を持っているのかを見ていきましょう。
 次回の[後編]は、その結果をもとにどのようなクラスター構成をしているのか、そしてどのように情報を制御しているのかを分析していきます。

 それでは、みなさま! 
 ・・・と、とっと。
 忘れておりました。

 まずは山から見てみましょう。




 なかなかの名山です。
 え? なんですか? これじゃあ輪郭しか見えない?
 ああ、まあ、そうですよね。
 こんなの子供に買って上げる富士山の模型みたいなモノですからねえ・・・。
 登りたくても、これでは登れません。

 しかし、原寸となるとjpgで400KB、htmlでも300KBぐらいありますよ?
 おっと、原寸コールが聞こえてくるようです。
 よろしい、ならば原寸だ!

 ■原寸画像(400KBぐらい)
 http://story-fact.com/img/gb/222big.jpg


 ■原寸html(300KBぐらい)
 http://story-fact.com/222.htm



 さ、みなさま、準備は整いましたでしょうか?
 それではいってみましょう!

 「サイボーグを倒せ」詳細ゲームブック解析だ!


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 表記上の注意

 表記を簡潔にするため、

 項番    → 全角数字     ex.269 → 269パラグラフ
 クラスター → 【】付きの英数字 ex.【6】→ 6クラスター
                    【G】→ Gクラスター

 としています。
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 1

 ここでの選択肢は、

 263【1】 「自分にけんかを仲裁できるかどうか、行ってたしかめてみる」
 289【2】 「パトカーのあとを追ってオーデュポン公園に入る」
 228【3】 「新聞を買って強盗のニュースをくわしく知りたいと思う」
 341【4】 「こうした事件をすべて無視して会社に急ぐ」

 となっていて、341ははっきりとした失敗ルート。
 ここで、4つのクラスターにわかれていると仮定して分析するけれども、ちょっと見た感じでは、おそらくこの4つのクラスターが複雑に絡み合っている。


 【1】

 263で変身するかしないかを選ぶ。
 どちらにしてもこの【1】は別のクラスターへの振り分けクラスターで、【2】【3】【4】のどこかへ行く。


 【2】

 公園に入って、変身しないで行くと181で別の事件へ飛ばされる。
 この辺、ちょっとゾッとする。
 思いっ切り複雑なんですけど、センセ!
 なんじゃこりゃと、思ってしまう。


 104ルートを探ってみよう。
 ここでは金持ちの男が死んでいる。でどうするかで選択肢になる。

 318 「死体を調べる」
 211 「カバンを調べる」
 54  「周囲の植え込みを見る」

 で、どの選択肢を選んでも、181から別の事件へ飛ぶ。
 この【2】は104も入れて、16項目。

 で、この318と211はシャドーコピーの関係ですね・・・。
 しかも手が込んでいる。

 318が
  233 「ユーロ・アメリカン警備保障社へ行くなら」
  195 「被害者の家に行って彼の妻に会うつもりなら」
  73  「この事件を警察に任せるつもりなら」

 211が
  195 「彼の家に行き、彼の妻に会うつもりなら」
  233 「彼の事務所へ向かうつもりなら」
  73  「事件を警察に任せて立ち去るつもりなら」

 と、一応ぱっと見た目だと、これがシャドーコピーだと分からないのですが、やっていることはシャドーコピーなのです。といいますか、たいへん美しいシャドーコピー。

 この流れ(318、211、233、195、73、348)は結局たいした情報が得られずに、73から181へ合流する。


 ・54「周囲の植え込みを見る」からの流れ

 54は運試し。
 運が当たると、メダルを発見する(405)。ここで、251、17はなんにもないのですが序盤のヒントを見ていると、実はここで171への枝がある。この171の枝は悪者を倒して英雄点が入るだけ。
 他は73か181へ直接合流する。
 結局この【2】は181へ全部流れ着く。。

 ほほー、ここの構成はなかなか面白い構成になっています。


 【3】

 まず初っ端に、次の【4】へ行くか【3】を続けるかの選択。
 これは無理矢理選択肢を作る施策と思われる。
 なるほどー。
 こうやるのか・・・。

 新聞屋で銀行強盗をして、それを追うことにしたという局面。
 銀行へ行って捜査開始が112。ここでの選択肢は、

 420 「銀行の支店長を尋問するつもりなら」
 323 「この事件を担当している警部に質問をするつもりなら」
 259 「銀行の警備員を尋問するつもりなら」

 ここの構造は面白い。戻れる選択肢とそうでないものがある。
 420の選択肢は、

 83  「貸金庫の所有者の情報をもっと引き出すつもりなら」
 323 「警部に質問するならば」
 259 「警備員を尋問するならば」

 と前の選択肢に戻ると言うことも出来る。
 対して、323は60というこの事件の出口へ向かってしまう。
 ちなみに83は別の事件のヒントが手に入る。

 259は金庫の扉を開けようとするシーン。
 ここは多少深い。
 ここは二回電撃を試して、金庫の扉が開き、中の警備員が、会議(悪の会議)を教えてくれる。なるほど。結局すべて60へ。
 うーん、クラスター分岐しませんねえ・・・。


 【4】

 ここは会社での光景。
 いきなり会社の前に車が突っ込んでくる。
 上手く助けられれば会議の情報が手に入る。なにもせずに会社で新聞を読んでいると(ちょwww 仕事しろwww)、別の事件のヒントが手に入る。
 398では昼飯を食べて、そこでまた別の事件が起こる。


 これで一通り回った。
 これで何項目使っているのだろう?
 51項目ですか。
 あっと言う間に使ってしまいますねえ・・・。

 この1列目は【1】が振り分けクラスター、残る3つクラスターがなんの関係もなく、並列になっていて、それぞれたったひとつの出口にたどり着く構成。
 絡み合っているのではと思ったけれど、そうではなかった。

 というわけで2列目行きましょう。
 【2】のおしりである181からふたつのクラスターへ分岐する。

 284 【5】ピーター研究所へ行く
 410 【6】パーカー飛行場へ行く

 とりあえず、これを追う。


 【5】

 えーと、ここは単純に逃げ出した放射能犬を捕まえるだけのミニゲームみたいな部分。 構造は面白いかもしれないけれど、目立ったところはない。
 350でどうやってその研究所から出るかを聞かれる。
 この選択によって、その先で起こる事件が変わる。

 293 「裏口からこっそりでる」
 397 「表門からでる」

 で、293へ行くと、3列目のクラスターの乳業の事件【C】へ飛ぶ。
 だけど、ここで情報を得ていると、273を経由して煙男の事件【A】へ向かう。

 397へ行くと、【9】へいく。


 【6】

 この飛行場では、ハイジャックが起こっている。
 あらゆる方法で、ハイジャック犯を説得できるのだけど、中には乗客死亡という選択肢もある。あとゲームオーバーもある。
 うまくやると、会議についての情報が入る。
 そして全部10へいく。
 10で事件が分岐する。

 201 「ラッド広場へ行く」
 185 「スリを逮捕する」

 201は【B】、185はこれは【D】へ行くことになります。



 【3】の末尾から、クラスター分けが発生して、【7】か【8】もしくは、【6】へ行くことになる。【8】へ行くのに失敗した時に【6】へ行くという感じ。しかし、【8】も特になにかが進展する訳ではないので、分岐してますなあ、ぐらいの感想しか持てないのですが・・・。


 【7】

 ここはスターカーズ・ビーチでのサメ事件。
 うーん、ここは純粋に戦闘シーンですね。
 11項目も使っている・・・。
 ただ使い方はなんとなく分かった。

 上手くやると、子供を助けたことになり、その母親から別の事件のヒントをもらえる。

 このクラスターは、18という3列目の交通整理用の所へ行く。これは【0】と共用しているので、そちらの方で説明する。


 【8】

 ここはもし情報を知っていればこれるところ。
 118へこれないと【6】へ飛ばされる。
 以下、118以降の展開。

 ここは結局、銀行強盗団との戦闘シーン。特に特別な事はない。
 戦闘シーンの作り方の勉強にみたいな世界。

 このクラスターは372で【7】と【6】に分岐する。


 【9】

 ここは強盗が入ったのをつかまえるシーン。冒頭にちいさな分岐が会ってすぐに本流に戻るのだけど、ここも無理矢理選択肢を作る施策。なるほどねえ。

 ここは強盗と思ったら実は子供が万引きしただけだったというシーン。
 どの選択肢を選んでも成功する。
 最後に店の店主に文句を言うと、店主が別の事件のヒントを教えてくれる。

 このクラスターは438で【B】か【C】へ行く。


 【0】

 ここは研究所で薬品が爆発しそうだというシーン。
 けっこうおざなりに解決する(笑)。

 これも18から、【C】か【D】へ進む。
 2列目までで124項目。うむー・・・。


 さて、続いて3列目となります。


 【A】

 ここは煙男との対決。
 しかしどうやっても煙男が宇宙科学者の家から重要な情報を電送するのを防げず。
 煙男がつかまる項目もあるので、どうするんだろう。
 つかまえても逃げ出したことにするのか、もう出さないつもりなのか。

 最後は162からクラスター分け。
 15【E】
 201【B】
 で
 435 → 15【E】or202【F】

 と若干複雑に分岐している。




 【B】

 ラッド広場での巨大な巨人が現れるという事件。
 この辺の構造は一種のパターンですねえ・・・。

 この事件はブレイン・チャイルドが見ていた夢が真実になったと言うことで完結。
 ここで、別の事件の情報と、もう一つ大統領の暗殺に関する情報を得る。

 最後は435からクラスター分け。
 15【E】or202【F】


 【C】

 ここでは殺人鬼と戦うか、タイガー・キャットと戦うタイガーキャットに勝つと、別の事件の情報が手に入る。

 この辺、単純にチープな戦闘シーンが続くだけ。
 単調である。

 67から47への隠れ分岐があって、これに行くと【A】へ。
 残りは会社に戻って【G】へ


 【D】

 ここはスリをつかまえて、いろいろな情報を得るところ。
 86と329がシャドーコピーの関係になっていて、15か202へいく
 15【E】or202【F】

 3列目までで169項目


 4列目。だいぶつかれてきた。


 【E】

 ウィズニーランドでの出来事。
 ここはびっくりハウスがメインなので、他のアトラクションはあっさりとこの遊園地を出ることになる。以下びっくりハウスの顛末。

 ここではふざけ魔と戦って勝つと、会議の情報が手に入る。
 二通りふざけ魔を見つける方法があるのだけど、結局情報に従って発見しないと情報が手に入らないよう。

 結局この【E】は103へ行く。ここで交通整理される。
 202【F】
 327【I】
 43【H】



 【F】

 ここはワナ師との戦い。
 けっこうあっさり殺される(笑)。
 メダルの情報を得ていると、ワナ師のいる工場へ行ける。ここでは、ノックスを探すチャンスが得られる。

 結局、繁華街をぶらぶらしていると毒殺鬼の情報が得られ、家に戻ることになる(327)。
 327【I】


 【G】

 ここはデパートでボスへのプレゼントを買おうとして火の男たちが現れると言う展開。この中で、会議の情報が手に入る。

 この【G】はかなり手の込んだクラスター分けクラスターで、

 409で【D】か301へ
 301で【E】か218へ
 218で【H】へ分岐する。


 【H】

 ここは43からの部分は別クラスターにすべきなのだけど、すぐに79に合流するので、便宜上ひとつのクラスターとした。
 43からはミュージカルで蛇男が女優をさらう事件。
 劇場の外で待ち伏せるか、舞台裏へ潜入するかがあるがどちらでも成功する選択肢がある。蛇男を倒すと大統領の暗殺計画の情報がもらえる。
 成功しても失敗しても79へ合流する

 79から、245へ行くと別のルート。
 ここは実際には3クラスターがあるのだけど、わけると面倒なので、便宜上1クラスターとしている。

 134はおばさんの家へ向かうクラスター。
 その途中で追いはぎに会うか、ゾンビと戦う。
 それ以外に大したことはなく、次の日になる。
 76【K】へ。


 【I】

 このクラスターはけっこうでかいクラスターなのですが、けっこう平穏に過ぎるめずらしいクラスター。ライオンの檻の事件で会議の合い言葉と、氷の女王の事件の情報が手に入る。
 また、ミイラ男を倒すと、会議の情報が手に入る。

 後半は148から長々と続く、振り分けフェイズ。
 最終的には215【L】か242【M】へ行く。


 【J】

 このクラスターはあまり事件はないのだけど、怪物を倒すと、会議の情報が手に入る。
 結局のところ、226から134か122へ分岐する。
 134は【H】の途中のおばさんの家へ向かうクラスターに合流。
 122は【K】クラスターへの別ルート。


 【K】

 ここは、敵であるサイボーグと出会うシーンがある。

 また、大統領暗殺事件がある。もし大統領が暗殺されても関係なく物語が進んでいくのがすごいのですが、この辺の組み方はかなり参考になる。
 この組み方をすると、かなり自由にクラスター組みができるんですよね。
 分散型の設計で、これをモノにするためにこれをわざわざ解析しているのですが、物語解析と親和性がとても高い、かなり柔軟な構成を再現できる。因果に一切問われない、物語解析が持っているストーリーの放棄、という最大のテーゼを実現できるすごい構成なのです。

 もうひとつ、スタジアムの事件もある。
 これも、会議の情報が出てくる。

 ここは311に集結し、分岐する。
 311【O】


 【L】

 このクラスターではノックスが原子炉を破壊しようとしている。これを倒すと回路妨害器というサイボーグ戦で有利になる道具をもらえる。

 その後、125を通して、毒殺鬼の事件(412)か、氷の女王の事件(97)かのどちらかへいく。

 毒殺鬼の事件は情報を得ていない限り、解決できない。ただし、たいした情報はもらえない。107から、分岐する。

 氷の女王も情報を得ていない限り、解決できない。ここでは会議の情報がもらえる。
 362から分岐する。

 ここは都合、3クラスターあることになる。

 このクラスターは結局107から342【N】か、362から114【K】へ向かう。


 【M】

 このクラスターは破壊魔との戦い。
 とくに得られる情報はないがもらえる英雄点が高い(5点)。

 319から【H】か【J】へ分岐する。


 【N】

 ここはサイボーグと戦うために空軍基地へ来たというクラスター。
 恐怖結社の20機のヘリが襲いかかってくる。
 ここで大頭脳という敵を倒すと、会議が中国人のクリーニング店のビルで行われることがわかる。

 このクラスターは死ななければ、311の【O】へ。


 【O】

 この311からの流れは、

 パーカー飛行場へ行く 349
 街に止まるなら    70
 海岸通りに向かうなら 290

 となっており、実はどのルートからも解決にたどり着ける。
 【O】は便宜上、パーカー飛行場へ行くルートとした。

 ここで自家用ジェットの格納庫を選ぶと、会議の時間と日付を聞かれる。
 これがわかると430から【T】へ。

 残りの選択肢は数字が合わなくて、220→292でジ・エンド。


 【P】【Q】

 ここは街に止まる選択肢のクラスター。
 70で番地を聞かれるのだけど、実は5番地と3番地の二通りがあり、どちらでもエンディングにたどり着けてしまう。3番地の方は【R】で扱うので、ここからは5番地バージョンを追う。

 質屋へ行くと男が失神しそうになるで、超能力を使う。
 心を読むことに成功すると、秘密の通路を見つける。

 その先で悪者が会議していて、ラスボスのチタニウム・サイボーグと戦うことになる。
 この辺はかなりあっさりしてる。

 と言うわけで、そのままエンディングへ。


 【R】

 続いて3番地バージョン。
 こっちは、中国人のクリーニング店です。
 ここへ入るには合い言葉が必要。
 それがわかると、奧へ。
 ここは、【Q】の最終場面を使い回しているので、とくに新しいことはなし。


 【S】

 続いて、海岸通り編。
 湾の方へ歩いて行くと、戦艦、潜水艦、魚雷艇があるが、正解は潜水艦。
 潜水艦の中に閉じ込められるのですが、電撃を使って脱出。
 そうすると、【Q】のラストシーンへ。

 あり? これクリーニング店だったんじゃないの?
 とか、野暮なことはいわないで(笑)。

 以後は新しいことはない。


 【T】

 ラストは自家用ジェットで会議が行われているケース。
 これもあっさりと片付いてしまう。

 以上!
 おつかれさまでした!




 




| 詳細ゲームブック解析 | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | 昨年の記事









http://blog.story-fact.com/trackback/1143535