CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    マイケル村田 (06/24)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    hikali (06/23)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/灼熱の監獄島 なかなかドラマチックなはなしなのだが・・・。
    マイケル村田 (06/20)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    hikali (05/21)
  • GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。
    マイケル村田 (05/17)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
<< GB解析 -NG- トップをねらえ! 燃えろ! 国際マシーン兵器大会!! 戦闘大会・・・。 | main | GB解析 -NG- 暗黒城の領主 バンパイアもののダンジョンもの >>
GB解析 -NG- 機動戦士ガンダム0080 消えたガンダムNT まあまあ満足な内容。
 えーと、こんばんわ。ゲームブック解析でございます。
 えー、NGとか言う文字が見えますねえ・・・。
 NGですか、だめですかと、そうがっかりするのは待った!
 まあ、だめと言えばだめかなあ・・・。
 ガンダムゲームの根本が分かっていないかなあ・・・。

 わたしは、昔同人でジークジオンというゲームを改作して、ガンダム戦史という上位版のゲームとコンパチしたことがあるのですが、そのときに分かったことがあったんです。それは一言で言えばこう。
 ガンダムは、モビルスーツがすべて。

 スタジオハード謹製のガンダムモノは基本的に、この辺のツボをばりばりに抑えていただけに、ありゃりゃ、なんで、主人公はモビルスーツを大量に乗り換えないんだろう??? とか、敵さんがしょぼすぎる・・・、などと、あからさまにガンヲタむき出しで、読んでしまいました。

 ただ、たしかに0080のサイドストーリーは作りにくいかなあ。
 タイトルも、「消えたガンダムNT」と、なんともモビルスーツ戦がメインでない感じが漂います。
 ちなみにどうでもいいがこのゲームブックに登場するジオン側のモビルスーツの説明は間違っているorz というか、それ、MS-06FZや! MS-06Fじゃない! とか、ちょwww ゲルググ・イエーガーを引っ張り出して来て、高機動型ゲルググMS-14Bとかやっちゃだめだめ。MS-14JGですから!!!! その機体は!!!
 と、思わず興奮してしまうのですが(^_^; 実のところ、この0080はこの辺の後期改修型のMS以外にあんまり見るところがない話だったりするのです。なので、ガンヲタなら、

「なんだ、あのゲルググは!? 高機動型だと!? しかも狙撃型じゃないか!?」
「ふふ、イエーガーのテストをさせてもらうよ! ついてきな! マッド、トビィ!」

 と、なんかシーマさんがはいっている感じですが、イエーガーがびんびんに高出力・高機動で攻めまくって、後のケンプファーへのつなぎにするみたいな光景がすぐにでも浮かんでくる訳です。おお、イエーガーか、なんか萌えてくるぜ、みたいな。
 それが・・・。

 こ、高機動型ゲルググ、MS-14Bだと!!!!!!!
 てめー、ガンヲタなめるな!!!!!

 まあねえ。
 ちょっと書き手さんにモビルスーツ知識がなさ過ぎるかなあ・・・。
 スタジオハードが絡むと、かなりこんなガンヲタでも、まあいいか許してやろうと思える程度の間違いしかないのですが、イエーガーをMS-14Bとか言っちゃあねえ・・・。あー、分かってねえなあ、というかMS-14Bのこともよく知らないんだろうな、というか、ゲルググってなんなのかが分かってないんだろうなあ・・・。とため息が出てくるわけです。

 ■MS−14F ゲルググ・マリーネ シリーズ MS解体新書
 http://blog.story-fact.com/?eid=474406


 どうでもいいが、昔書いた、最強MSはゲルググ・マリーネ説を唱えたエントリー。
 まあ、よい。

 話は、なかなか設定が細かくてサイドストーリーを組みにくいところになんとかねじ込みましたという内容。山見てみますか。



 うーん。
 低山だら型の構成。
 構成は悪くない。
 ただ、0080で話をでっち上げるのはちょっと厳しかったかなあ・・・。
 設定はけっこう細かく追っている模様(しかし、MS-14B・・・)。
 ただ、0080に忠実すぎて、狭っくるしい隘路にはいっちゃった感じがしないでもない。
 これは素直にアフターストーリーとするのが筋だった気がする。

 まあ、0080があれなので、まあ、仕方ないか・・・。
 どうでもいいが、そのうち、ガンダムモノのゲームブックとか書こうかなあ、と思ってしまったりはする。シナリオは幾つもあるし、富野シナリオ(小説版)はなぞって習得してみてみたい気がしないでもない。
 まあ、よい。







| ゲームブック解析 -NG- | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 昨年の記事









http://blog.story-fact.com/trackback/1110479