CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
本家STORY FACTサイト
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (05/08)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (05/04)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    hikali (03/29)
  • GB解析 -NG- ウィザードリィ3 ダイヤモンドの騎士 橋爪さんですね・・・
    マイケル村田 (03/25)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    hikali (01/09)
  • GB解析 -NG- ルパン三世/暁の第三帝国 良作なエンターテイメント
    マイケル村田 (01/06)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    hikali (11/24)
  • GB解析 -NG- 邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢 やったことあるんだよね・・・
    マイケル村田 (11/21)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    hikali (06/27)
  • GB解析 -NG- 新・鬼ヶ島 暗黒の化身を討て! 成功した理由が良く分かりました。
    マイケル村田 (06/24)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人hikaliの開発の日々の備忘録です。
本家はこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/hikali/
世代間の紛争

 今、たぶんわたしを悩ませていることがあればこれだ。
 わたしは基本的に、戦前の人間が嫌いだ。
 それは、その思想が、心意気が、魂が、日本を殺したのだろ、思えるからだ。
 ただ、これは酷である。

 なぜならば、一般的な人は社会を動かすだけの主導権を持てる機会さえなく、武力を背景とした経済に従うしかなかったから、なのだ。これを武力を政治力に書き換えて読み進んでみよう。
 いま起こっているのはだいたいこういうことで、この政治力と武力を等価として語られているのが今で、根本的に間違っているのは、政治力の因数分解と、武力の因数分解を理解していないことにある。

 武力にはほぼ因数分解はない。
 軍事力というのは昆虫のような命令系統で、日本にはそんな効率的な革命は起こっていないことは分かり切っているので言うのであるが、命令禁止の原則が守られていない。

 対して政治力には、反発することができるのが議会政治だ。
 原則的には、票を背景に議席を得た議員にすべて自由行動が許される。
 そこには様々な立場の人がいる。
 ここをシンプルにしたい。
 それぞれの人が自分の思うように、自分の意思を表明するのがいい。
 空気なんて読むな。

 わたしはだいたい団塊ジュニアの世代である。
 団塊世代はどんなに苦労したんだろうと思うのだけれども、反発というか憎しみをぶつけられることが多い。もっとも感じたのは今年の名人戦の羽生vs天彦戦で、わたしは羽生をよく知っているので応援していたのだが、荒い反応が多かった。たぶん特定できない範囲で書けば、羽生落ちろ、みたいな反応だ。
 名人戦なんだから、どっちが勝つかの勝負であって、負けろという反応はない。
 名人と挑戦者の勝負だから、それは、勝負を見届けようよという雰囲気ではなくて、羽生名人に殺意を抱いていた。これは単純に恐ろしかった。
 ある層を迫害してはならない。
 正常な公正な勝負の世界で決める世界だ。
 それがないのはこわい。
 わたしは就職氷河期時代のたぶん一番怖いと言われている世代なので、迫害されるのは分かるけど、復讐しか考えなくなるからね、としか言う以外ない。だいたい氷河期世代が怖がられているのは復讐を考えているからと思われているからだ。

 というわけで被害妄想は終わり。
 実のところ、新作小説の序文を出そうかなとか、そもそも、だいぶ書いてなかったので、思っていたのだけれども、個人的にはそれを書いていることで、とてもハッピーになってます。もちろん、読んでくださる方もハッピーになる文章を書いていると思いたいw
 いま192行書いてます。
(40字詰めです)

 まあ、なんかTwitterのつなぎ合わせのようになりましたが、ちょっと長く不存在だったので書きました。実際には書いているのですが、公表できるまでが長いので、ちょくちょく近況報告します。
 だいたい黙っているときは、夢中に書いているのです(^_^;
 あ、いいです。
 もともと分かっていたけれども、楽しいです。
 これが作家冥利です。

 執筆中で話せない時のやり方として定着するといいなあ、などと思いますw
 世代間の紛争どこにいったんだw








| | 04:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 昨年の記事
鉄鎖の次王の恋、の第一章ができた。
JUGEMテーマ:日記・一般


 表題通り。
 たぶん数日にわたるチェックをするとは思うのですが、充分によくかけているとは現時点であまあまに思います。

 わたしの気性として、ぐちぐちあれこれの作品を評するのは好きではないんですね。
 じゃあ書いてみろよと、わたしも同じような人に言うだろうし、そんなにプライドは低くないんです。
 誰かを馬鹿にする代わりに、ぽかんとした口さえ開けさせない小説を書いてみろよと。
 当たり前のように書くんです。
 これで超えて見せるという話を。

 「鉄鎖の次王の恋」は「死神の帰還」の続編にあたりますが、敵対する両陣営の衝突が書きたいことのほとんどであって、「最強の蛮族」VS「最強の文明国」の戦いなのです。もしよろしければ先行している「死神の帰還」をどうぞ。
 たぶんそのままのタイトルで検索すると出てくると思います。

 「鉄鎖の次王の恋」は、最終チェックが終わるまでお待ちください(^_^;
 もちろん、リリースしたときは、ちゃんとお知らせします。
| | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウイルス性腸炎にかかって闘病中です。

 えーと、現状を書いておかないと思い書いておきます。

きょうは多少余裕があるのでウイルス性ちょうえんについて語ったって見る。あまり効かない風邪の一種のようで、通常では正体不明の風邪とされるのだろうと思う。
ここまで20分、かかったw こっちあきらめるw


これは腸内のウィルスがなんかのきっかけで暴れだし、その抗体ができて枕滅しないと、熱が下がらないとされる。なので体調消耗、水分不足により危機に置かれない限り死なないと思われる。ただし医学局は、これにしたして3系統しかデータ蓄積されておらず、多分医学局でも知識のない分野と追われる


わたしは全開に引き続き同じ医者に同じ処方と結論を抱かれていて、たぶんこれは前回のウィルスの残党が生き残っており、その密かに生き残ったウィルスが何かを発端に一斉に立ち上がったとおもわれる。
わたしの前回は、弁理士試験の短答が終わった地点ん、前回も同じつまりこれは負荷なのだ。


この季節にこの状況が続くと困るなあと、ほんとうに思ってしまう。


はたして25度の外気が寒いのであれば、室内の温度を32度にすると寒くないんだろうか? これはふと生まれた疑問。病院の個室を利用している人は自分のちょうど良い温度にすすことはできそうだか、32度ってやりすぎじゃないか?


消耗しないように 高熱系で対処するには布団に振舞っているしかないし、そうするとさっきの入力環境で、あとはPCでTVを見るか、ラジオを聴くしかない。


| | 03:26 | comments(1) | trackbacks(0) |
 世界一の豪雪列車(たぶん)に乗ってきた! - 飯山線、全線踏破行 -
JUGEMテーマ:旅行


 こんばんわ! 荒ぶる乗り鉄たましいを満たすべく、行ってまいりました! 飯山線!
 どうです! 羨ましいでしょう!

 え? 飯山線ってなに? ですって?
 これだから、パンピーは・・・。

 これをお読みの皆さんは、豪雪を見たいとしたら、どうしますか?
 黒部アルペンルート? おお、なかなかいい線です。でも、あれって自動車やバスでしたよね? 荒ぶっているのは、乗り鉄たましい。
 乗り鉄には、はあ? アルペンルート? あんなとこ、線路あった? となるのです(^_^;

 しかし、あるんです、日本には豪雪鉄道が、それもおそらく世界一の豪雪列車が!

 ■ウィキペディアの「飯山線」の記事
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E5%B1%B1%E7%B7%9A


 長野県内では千曲川に沿い、新潟県内に入ると千曲川から名を変えた信濃川に沿って日本有数の豪雪地域を通る。沿線には野沢温泉などの温泉地やスキー場が多い。

 路線のほとんどが谷沿いの山間部を通るため、主に夏季は大雨による土砂災害、冬季は大雪による雪崩や除雪作業等によりしばしば運休することがある。森宮野原駅は1945年(昭和20年)2月に駅における最高積雪量7m85cmを記録し、それを示す標柱が駅構内に建つ。


 どうです、この豪雪ぶり!
 これぞ、日本一の豪雪鉄道、そして、もしかしたら世界一の豪雪鉄道です!
 みなさまの、乗り鉄たましいにも炎が付き始めたでしょうか。
 燃え上がっても大丈夫、周囲には雪しかありません(断言)。
 スノーホワイトの世界にダイブするだけで、燃え上がったたましいは満足へと変化するでしょう。


 ■全線踏破に必要な装備一式

 さて、このような困難な踏破行には、相棒と呼ぶべきツール類が欠かせません。
 わたしは折り紙つきの、キーボード付きハンドヘルド使いだったのですが、OASIS Pocket3以来使い続けてきたハンドヘルドからしばらく離れていました。

 これは単純に、WILLCOM03という、キーボード付きのスマートフォンが出てしまって、それでなんとかなっていたから、なのですが、いかんせん4年も使っていたので(一度バッテリー交換したほど)、時代遅れになりPORTUSという機種に乗り換えたのです。



 この機種は、PHSと3G回線のハイブリットで、Wi-Fiルーターにもなるという、かなりキバツな機種でして、まあいいや、これをルーターにして、端末はあとで別個で買おうと思ってキーボード付きハンドヘルドを探していたのですが、ありました!

 それが、sharpのNetWalker! 2009年発売の機種ですが、中古で入手しました。
 破格の13000円!



 しかも、この機種、もう前提からして、通勤電車でたって使うことを前提にしているのですね(^_^; なにこの、ターゲットわたし、な商品w 

 ■NetWalkerの紹介ページ
 http://www.sharp.co.jp/netwalker/pcz1j/index.html


 で、この商品、多分売れなかったんですね。
 あまたいるハンドヘルドフリークはどうしていたかというと、同じsharpのWILLCOM03に流れていて、WILLCOM03があまりにも使えるので、それで満足してしまっていた、という状況の模様。というかわたしの大学時代の友達のWILLCOM03ユーザ率高すぎw もう引退気味の機種なのに、いまだに使っている人が3人はいたなあ、という感じです。

 で、その層が、そろそろPORTUSに乗り換えて、キーボード付きを探し始める状況なのです。で、わたしは、うは、中古で13000円! 買い買い! とやっていたりするのです(^_^; というわけで、sharpさんにはこの状況を理解して、2014年ぐらいにtegra4(CPUの名前です)搭載のキーボード付きAndroid機を謹製していただきたい次第でございます。
 って、なんで、ねだってるんだw
 どうでもいいですが、初代NetWalker(<初代ってつけんなw)でも、案外戦えたりします。とろいのはWindowsCE機でなれているので、まあ、こんなもんだろ、ぐらいにしか思ってないのですね。
 それよりも、キーボードがついているか、ついていないか、これだけなんです。
 あと、通信機能はWi-Fiのみでよろし。
 みんなデザリング機ぐらいは持ってるんだから。
 圧倒的に足りないのはデザリング前提のハンドヘルドなんです。


 ■大宮到着、とりあえず、なんだかわからないけれども長岡に行くまで

 大宮です。


 なぜか、2時前になっておりますが、これは単純に、それ以前にいろいろやらなくてはならないことが多かったせいであります。この写真、わたしの冷や汗とは別に、いい写真ですね。わたしはポケットからカメラを取り出して、2秒ぐらいでパシャっとやっているだけなんですが。

 とりあえず、高崎線で出発しますが、いかんせん、時間がまずいw
 もう14時だぞ、ということで、あかんことに気づきました。
 熊谷駅で降ります。


 過去の熊谷っぽい。説明がない。こういうのってさ、その展示に何人集めるかの勝負じゃない? であれば、詳細すぎる説明をあちこちに貼り付けるのが筋じゃない? というか、おまえら美術展いったことがないだろ、と基礎的すぎる点を指摘しつつ、熊谷がいかにレベルが低いかをどうどうと展示してますが、どうしますか? という何がやりたいのかよくわからない人々に丸投げしてみましたが、おそらく本人も何も分かっていないだろうと、そう思います。


 熊谷です。
 ここで降りたのは、時間的にまずいと思ったから。
 初期の計画では前線ローカルで行く気でしたが、ああ、間に合わないなと思い、新幹線に乗り換えます。


 あわてていますが、その間に、煙草を吸っていると思うと整合性が取れるかと、煙草と水分補給ですね。



 とりあえず、越後湯沢まで。たしか、この付近になんか線路が通っていたような。正確には、ここから数駅のところに、ほくほく線が六日町から十日町まで通っていたんですね。
 本来の計画していたルートは、そのルートでした。


 しかし、あわてて飛び乗った新幹線が、越後湯沢に止まらなかったw

 

 ここどこ?


 長岡です。
 長岡ってなに? ここどこ? そういう感じで旅を進めておりますw
 ちなみに、乗車券は駅員さんに言って、精算しました。
 なにかわたしのいい加減な人生が精算された気が・・・。
 たぶん、失ったのは追加で徴収された2000円強だけなはず(はず、はず、はず・・・)。

 とりあえず、市庁舎込のモスで食事をして、あらまあ、これはどうしたらいいんだろと考え、とりあえず、このへんの鉄道事情がわからんと、愛機NetWalkerを起動。日本全国で保証されている、ユニバーサル環境の恩恵を受けます。

 とりあえず、路線図が見たいと、路線で検索したら、出てきたのがyahooの路線検索。
 おお、その手があったかと、検索してみたのですが、検索が「長岡発」「長野行」。
 どんだけレアなんねん! とつっこみたくなりましたw そうしたら、新幹線で高崎に戻って、新幹線で長野に行くのが最適! とか親指立てられても・・・、という状況で、その次は高速バスかよw という状況だったのですが、6番目ぐらいに、ようやっと飯山線を発見。
 もう16時。
 長岡に16時ですよ。もう、ほんとうに「帰れるのか」ということが胸に迫る時間でございます。こっから、豪雪地帯に突っ込んで大丈夫なのか? という時間だったりします。
 このへんで、なんとかなるだろうと思えるのは強みかもしれません。
 いく、これはいかなければ新幹線乗った意味がないだろ。
 そんな格好いいことを考えていたとは思えないのですが(^_^; これは行けるだろうとたぶん思っていたのです。

 メモにyahoo路線案内の記述が残っています。

 長岡
 16:32
      4駅
 16:54
 越後川口
 16:59
      飯山線 5駅
 17:26
 十日町
 17:34
      飯山線 16駅
 18:56
 戸狩野沢温泉
 19:06
      飯山線 12駅
 20:05
 長野

 飯山線はちゃんと接続を考えてくれているのですね。
 あれ? なんとかなりそうと思ったのと同時に、これを逃したら遭難しそうと思ったのは確かです。NetWalkerの検索は頼りになるけれども、こいつは電池が切れたら終わりだ、で、手帳にメモったのです。このスケジュールを、綱渡りの計画をミスったら、終わりだと。案外、この10分刻みのスケジュールはタイトなんです。10分遅れたら一切のリカバリーが効かないと考えると、いかにシビアかがわかると思います。
 帰宅できないかもしれないというリスクと隣り合わせなんです。


 たぶん、越後川口駅です。
 冒険のはじまりです。このへんで、もうやばい感じが漂っています。


 越後川口ですね。そして、ホームに誰もいない・・・。
 もちろん乗客は数十人ぐらいはいました。


 こんな電車です。ディーゼルらしい。


 雪ならいくらでもありまっせ! 感がすごい。


 これは十日町に到着の図。
 十日町は、ほくほく線が接続していて、非常に栄えています。


 うまく撮れなかった。


 だいたいこんな感じ。


 暗くなってきて、だいぶ撮影が厳しくなってきたようす。
 これは一応、信濃川を撮っている。この飯山線はひたすらに信濃川沿いに走るので、その信濃川が美しいのです。名河だなあと、ほれぼれするのです。


 ちなみに車内は、わたしひとり。ほかに誰もいません。
 この車両は無人駅ばかりで、料金の精算をするのが、運転席以外にありえないので、運転席そばのドアしか開かないのですが、何度もアナウンスされるたびに、ああ、これは、よくわかっていないひとが無防備にホームとかに出ちゃって、遭難するのを防止する施策だな、と思うほど、ここは降りたらやばいという駅が多かったです。

 ちなみにwikipediaで調べたら、とりあえずわかっている駅の信濃白鳥の一日の平均乗降客は6人。6人って0人の誤差だろw と思ってしまうのですが、この情報を知った時に思ったのは、ああ、あの駅の周辺って6人も人が住んでいるんだ! というもの(^_^; そんぐらいのところなんですね。

 ちなみに著名な温泉郷である戸狩野沢温泉駅は300人。
 長野駅は3万人。
 わたしはさいたまの田舎の住宅街に住んでいるのですが、乗降客数が長野駅より多い・・・。あの駅、長野駅より人がいるんだ・・・、とショックを受けた次第です。ちなみに大宮駅は30万人。


 戸狩野沢温泉駅に到着。
 この付近は、温泉が乱立していて、車窓から温泉の看板を見るたびに、ああ、温泉って偉大だなと思いました。こんなところまで人を引っ張れるなんてって。


 その後、長野に到着。
 ここから、21:08だったかの長野新幹線で、大宮に戻ります。

 なんか、ぜんぜん語っていない気がする旅行報告ですが、まあ、聞きたいことがあれば聞いてね、という感じ。感想をいえば、充実感がすごかった、です。以上

| | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
【自作】誰か製品化してくれたら買うのに・・・ タブ付き使い捨てペーパークリップ
JUGEMテーマ:趣味

 えっと、いかがお過ごしでしょうか、管理人のhikaliです。  いろいろと変なものを作ることで定評のある管理人ですが、ふと思いついて変なものをまたまた作りましたので、ご紹介しておきます。 


 なにこれ? と思うかもしれません(^_^;  作った本人は、お? 便利なものを発明しちゃったかも? などと思っているのですが、これはいたってシンプルな、色画用紙を切り抜いただけの、そうですねえ・・・、あえて言えばペーパークリップです。  このように使います。

   

 なんでこんなものをいきなり作ったのかといえば、タブインデックスラベルって不便じゃね? と思ったのがきっかけでした。

 手帳のあるページに作業項目が並んでいた時に、そこにインデックスラベルを使いたい。 
 でもシールで貼るともう剥せないから、いやいやインデックスラベルはダメだ・・・

  もうひとつの方法としては、ポストイットという手もあるのですが、わたし、あれ、大っ嫌いなんですね(^_^; 

 なんかペラペラしていてオシャレじゃないし、モレスキンにポストイット貼るとか、美的センス的に全く許容できない。

  なんかもっとスマートな方法はないじゃろうか? 

 と考えていた時に、あれ、これっていけるんじゃない?  と思ったのが、このタブ付き使い捨てペーパークリップです。

  これ、画用紙切り抜いただけですw


 このように書き込めます(画用紙なので、当たり前w)。  そしてこのように。

  

 でもこれ、切り抜くの大変なんですねw
 だから、誰か製品化してくれよ〜(泣 

 材料で使った色画用紙は、10色20枚でたった70円。1枚の画用紙から50枚は作れる(モレスキンとの対比からわかると思うのですが、小さめの画用紙です)。なので、材料費的には70円で1000枚は作れるはずなのです。 

 あとは型抜きするだけなので、そんなコストがかかるとは思わない。
 ちょっと乗っけても、1000枚200円ぐらいで全然ペイできると思うのですね。 

 そうすると、一枚0.2円。
 ポストイットが一枚2〜3円ですので、ぜんぜん使い捨て十分な価格ですよね♪ 

 というわけで、1000枚300円なら、買わせていただきますので、だれか製品化してくれw  というどうでもいいお話でしたw


| | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) | 昨年の記事
購買力平価にみる、買える通貨、買えない通貨
 購買力平価ってご存じですか?
 為替に少し強くなると良く耳にするようになる言葉ですが、よくこのように使われます。

 「ユーロは購買力平価から見ると割高だ」
 「ドル円は購買力平価に比較的素直に推移している」


 なんどもなんどもそのような言葉を聞くと、どうしても思ってしまいます。

 「その購買力平価ってなんじゃらほい?」

 Wikipediaの説明によれば、

 基準になるのは、米国での商品価格とUSドルである。
 物やサービスの価格は、通貨の購買力を表し、財やサービスの取引が自由に行える市場では、同じ商品の価格は1つに決まる(一物一価の法則)。
 一物一価が成り立つとき、国内でも海外でも、同じ商品の価格は同じ価格で取引されるので、2国間の為替相場は2国間の同じ商品を同じ価格にするように動き、均衡する。この均衡した為替相場を指して、購買力平価ということもある。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/
 %E8%B3%BC%E8%B2%B7%E5%8A%9B%E5%B9%B3%E4%BE%A1%E8%AA%AC


 んー、わかりにくいですね(^_^;
 とてもかみ砕いて言えば、アメリカの物価を基準にして、ある年を基準にして、相対的にどれだけ物価が上がったか/下がったかを数値で表したもののよう。アメリカの物価は常に1として算出されますので、

 アメリカが2%のインフレで、日本が3%のインフレ → 日本の購買力平価が上がる
 アメリカが2%のインフレで、日本が1%のインフレ → 日本の購買力平価が下がる


 といったような性質を持つ数値です。
 為替相場では長期的な通貨の強さの目安となるとされています。つまり、

 日本の購買力平価が上がる → アメリカに比べてインフレ → 円安要因
 日本の購買力平価が下がる → アメリカに比べてデフレ  → 円高要因


 これをみて、今の為替水準は割高/割安といっているもののようです。
 つまり物価からみた通貨の強さの基準なのです。



■どこで購買力平価は見ることができるのか。

 購買力平価はOECDが算出しています。

 PPPs and exchange rates
 http://stats.oecd.org/Index.aspx?datasetcode=SNA_TABLE4


 これを見てみますと、

Country 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
Australia 1.31 1.33 1.34 1.35 1.37 1.39 1.41 1.42 1.48 1.46
Canada 1.23 1.22 1.23 1.23 1.23 1.21 1.21 1.21 1.23 1.19
Japan 154 149 143 139 134 129 124 120 116 114
Korea 745 756 769 794 795 788 762 75 761 773
United Kingdom 0.64 0.63 0.63 0.64 0.63 0.64 0.64 0.66 0.66 0.66
United States 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
Euro area 0.88 0.87 0.87 0.87 0.87 0.86 0.85 0.84 0.85 0.85


 うわー、なんかどこぞかの国だけが突出して下がってますね…。
 これは日本は思いっきり相対的デフレしているということで、円高要因なのです、英国、ユーロ圏、韓国などをみても、異常な下がり方をしていることがわかります。
 確かに最近日本は円高です。
 その根拠はといわれれば、この購買力平価がまず真っ先に突きつけられるのです。
 こんだけデフレってればそりゃ、円高になるだろうと。


■各主要通貨と購買力平価の比較

 さてでは、実際の為替相場と購買力平価はどのように推移しているのでしょうか。
 ここでは、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円の4通貨についてみてみましょう。

 タイトルで買える通貨、買えない通貨と謳ったのですが、そもそもわたしがこんな夢中になって購買力平価を調べてみたのは、一つの疑問があったからです。

 今、わたしはポンドを持っている。しかし分散投資の観点から豪ドルを持ちたい。
 果たして、豪ドルは買える通貨なのだろうか?


 以前より、日本の国家財政の厳しさから、わたしは円で資産を持たない主義を貫くようになりました。そのため、外貨貯金をしているのですが、どうも最近になってポンドで資産を持ちすぎているということに気付き始めました。そこで、最近下がってきた豪ドルで資産を持とうかと考えていたのですが、気になってしまったのです。

 購買力平価で見たときに豪ドルは買える通貨なのだろうか?

 それで調べてみたのです。

 また、購買力平価と為替の関係を調べるときに問題になることとして、何年を基準にチャートを作るかというのも問題になります。例えば、為替が円安気味にふれているときを基準に作れば、そこが水準になりますので、円が安いところを正常としてチャートを作ることになります。
 ですので、公正を期すために、2000年を基準としたもの、2003年を基準としたものの二つを用意してみました。
 それでは見てみましょう。

 ■ドル円

2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
ドル円 114.41 131.66 118.76 107.35 102.7 117.8 118.98 112.37 90.25 93.2
2000 100 115.08 103.8 93.83 89.76 102.96 103.99 98.22 78.88 81.46
=100 100 96.58 92.9 90.27 86.83 83.71 80.35 77.56 75.26 74.3
2003 106.58 122.65 110.63 100 95.67 109.73 110.83 104.68 84.07 86.82
=100 107.64 106.99 102.92 100 96.19 92.74 89.01 85.92 83.37 82.31


100605_01.jpg

 赤が2000年基準、青が2003年基準です。
 こうやってみると、ドル円はほとんど購買力平価に素直に推移していることがわかります。日本の購買力平価はずっと下がり続けていますので、ずっと円高傾向が続いているということになりす。
 購買力平価でみた適正価格は87〜90円という数値がはじき出されます。
 (2000年ベースの適正価格と、2003年ベースの適正価格に開きがあります)


 ■ユーロ円

 続いてユーロ円です。
 ユーロはしばしば、購買力平価に比較して割高だと言われます。


2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
ユーロ円 107.74 117.14 124.59 135.11 138.97 139.55 157.09 165.42 127.02 133.27
2000=100 100 108.72 115.64 125.4 128.99 129.52 145.8 153.54 117.89 123.7
100 97.45 94.02 90.66 87.52 85.57 82.82 80.68 77.76 76.48
2003=100 79.74 86.7 92.21 100 102.86 103.29 116.27 122.43 94.01 98.64
107.17 107.48 103.7 100 96.53 94.39 91.35 88.99 85.77 84.35


100605_02.jpg

 うはは、たしかに乖離してますねえ…。これはさすがにユーロ安にもなります。
 この間、ユーロはずっと過大評価だったわけで、欧州の中銀の方々も、割高だ割高だとそういえば叫んでいました。

 さて、ユーロ円の適正価格ですが、80円〜115円と出てきます。これはかなり開きがありますが、現在の価格が110円近辺ですから、わりと適正な所にあると言うことがわかります。


 ■ポンド円

 続いてポンドです。わたしはけっこう長く持っていますので、わりかし肌感覚として、今のポンドは売られすぎと思っているのですが、どんなもんでしょうか。

2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
ポンド円 170.87 191.59 191.28 191.67 196.63 202.94 233.24 224.23 130.08 150.26
2000=100 100 112.13 111.94 112.17 115.08 118.77 136.5 131.23 76.13 87.94
100 98.01 94.14 89.53 87.32 83.69 79.6 75.16 72.25 71.44
2003=100 89.15 99.96 99.79 100 102.59 105.88 121.69 116.99 67.87 78.4
108.52 109.47 105.15 100 97.53 93.48 88.9 83.95 80.7 79.8


100605_03.jpg


 なるほど。一時は乖離したのだけど、この危機で売られたおかげで、売られ過ぎな水準にあったという感じが正しいようです。

 ポンド円の適正価格は、123円〜150円と出てきます。これもかなり開きがありますが、現在の価格が130円近辺ですから、適正価格の中でも下の方にあると言うことになります。ポンドはまだまだ買える通貨ですね。140円ぐらいまでは、買えると見ていいのでしょうか。


 ■豪ドル円

 さて運命の豪ドルです(笑)。

 果たして、豪ドルは買える通貨なのだろうか?

 このわたしの命題に、購買力平価から見た回答が告げられるわけです。
 ちょっとどきどきしてきました。見てみましょう。

2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
豪ドル円 63.94 67.18 66.66 80.69 80.06 86.48 93.91 98.35 62.38 83.39
2000=100 100 105.07 104.25 126.2 125.21 135.25 146.87 153.82 97.56 130.42
100 95.09 91.19 87.59 83.2 79.1 74.88 71.5 66.59 66.53
2003=100 79.24 83.26 82.61 100 99.22 107.18 116.38 121.89 77.31 103.35
110.93 108.56 104.11 100 94.99 90.31 85.5 81.64 76.03 75.96


100605_04.jpg

 うははwww だめじゃん! 乖離しまくってるじゃん!
 ちょっと豪ドルは過大評価なようです。しかしよく考えてみれば、他の通貨は(円も含む)財政悪化から、今後猛烈なインフレが予定されています。その観点から見ると、そのインフレを織り込んでの過大評価と言えなくもないかも知れません。
 また別の側面として資源バブルという観点も見逃せません。
 どうなんでしょうか。適正価格を見てみますか。

 豪ドル円の適正価格は、45円〜60円と出てきます。現在の価格が75円近辺ですから、割高ですね…。70円を割り込んだら買ってもいいかもという感じですが、割高だと言うことがわかりました。

 結論。

 果たして、豪ドルは買える通貨なのだろうか?
       ↓
 安全な分、実力以上の値段になってるよ? もっと下がった局面で買おう。


 でした!

 というわけで、

 円   → わたしは持たないことにしているので論外
 ドル  → 購買力平価に忠実なので、
       日本がインフレすると思うなら持ってて損はない
 ユーロ → まあまあ、適正まで下がってきた。
       しかし、ソブリンリスクが織り込まれているとは思いがたい。
 ポンド → 割安。売られすぎ。ソブリンリスクを気にしないなら買い。
       わたしは分散したいので、却下。
 豪ドル → 割高。もうちょっと下がってくるのを待て。


 というわけで、ドルかwww なんという普通の着地…。
 そして、豪ドルが下がってくるのを待てと。

 以上、お疲れ様でした!
| | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 昨年の記事
 Twitterボット、産業革命人たちのことば、を作った!


 えーと、絶賛放置中になっておりましたが、お元気でしょうか。
 管理人は元気です。
 正月から継続中でしたシヴィライゼーション4廃人街道より、ようやっと戻って参りました。何かずいぶん放置してきた気がして大変心苦しいです(^_^; Civ4は廃人増産中の話題のゲームというだけありまして、やはりできがいい印象です。
 くそ−、Civ4のことを書くと、とたんにやりたくなる(笑)。

 さて、表題通り、Twitterボットを作りましたのでご紹介します!
 ちょっと念願だったので、とてもほくほくしているのが正直な所です。

 ■産業革命人たちのことば (sangyou_bot) on Twitter
 https://twitter.com/sangyou_bot


 このボットは、産業革命を起こした人々のことばを集めたボットです。
 たとえば、蒸気機関を発明したジェームズ・ワットであったり、冷蔵庫を発明したカール・フォン・リンデであったり、高校の教科書に出てくるようなボイルとか、ファラデーとか、そういった科学を打ち立てていった人々は何を考えていたのか、どう生きていたのか。おそらく、遠すぎる存在として、あんまり意識したことはないと思うのですが、言葉を読めば読むほど、それが今のIT革命とたいして変わらないマドルスルーな日々である事が分かる。
 それで、何とかならないかなあと思っていたのです。
 というのは、Web上のいろいろな議論を読むたびに、あー、それはファラデーがこう言っていた、あー、それはワットが解決済み、あー、それはスマイルスが説明している、とまあぶっちゃけ過去に何度も蒸し返された問題を蒸し返しているだけに過ぎず、その過去の資産に意識がむかないという非生産的な状況に、正直白けた気持ちでいたのです。
 まあ、産業革命というのは、誰もがその成果を認める革命であったわけでして、その果実を現代、高校大学で勉強しているわけです。でも、その成果を上げた人たちは、たとえば今のグーグルの人々みたいな人たちで、彼らも迷いながら、結果を出していっている。
 でも、その結果としての公式や機械だけを享受するのはもったいない。
 その人達が何を考えてそれを成し遂げたのか、公式以外に何か得られた知見はないのか。
 と、そんな所にジャストフィットなボットを作ってみました。

 種明かしをしますと、このボットのネタ元は、オイゲン・ディーゼルというディーゼルエンジンの発明者の息子が書いた「技術論」という、産業革命人たちの名言を集めた本です。
 この書籍は1940年ぐらいの発刊で、現在は絶賛絶版中、内容も旧字体で書かれているので、根性を入れて読まないと完読するのは大変難しい書籍です。ですが本ブログでも何度も出ているように、本当に産業革命のエッセンスに満ちあふれた本で、しかもそこで取り上げられている内容は現在でも通用する普遍的な問題解決に適用できる内容ばかりになっていると、つねづねわたしは思ってきました。
 一時期、この本の全訳を現代語で書いてみたい、そう思った事がありました。
 それぐらい、わたしから見ると、んー、その問題は「技術論」に書いてあって、凄まじくスマートな結論に達するんだよね、と思うことが多すぎたのです。
 これを現代語訳して広めたら、かなり社会的な富が増し、社会が効率的になるのではないかと思ってしまうほど、それは叡智に満ちあふれすぎていて、わたし一人が所蔵して、悦に入っているのはもったいなすぎるという気さえしてしまったのです。
 そんなとき、あれ、これ、Twitterボットにして、名言を広めればいいんじゃない? とひらめいた。「技術論」自体はとても高尚で受け取りにくいのですが、名言ボットなら受け取りやすいかなあと、そう思ったのです。
 そう思って名言を抜き出してみると結構刺激的で、薄っぺらい現在よりも、熱い産業革命期に没頭してしまう。一字一句が示唆的で、現実と事実に根ざした知見であって、どっしりとした重みがある。夢中になってしまったわけです。

 というわけで、ご紹介しておきます。
 楽しんでいただければ嬉しいです。

 ■産業革命人たちのことば (sangyou_bot) on Twitter
 https://twitter.com/sangyou_bot


| | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 昨年の記事
[ネタ]ガンプラオタが非オタの彼女にガンプラ世界を軽く紹介するための10機
 まあ、どのくらいの数のガンプラオタがそういう彼女をゲットできるかは別にして、

「オタではまったくないんだが、しかし自分のオタ趣味を肯定的に黙認してくれて、その上で全く知らないガンプラの世界とはなんなのか、ちょっとだけ好奇心持ってる」

 ような、ヲタの都合のいい妄想の中に出てきそうな彼女に、モビルスーツのことを紹介するために見せるべき10機を選んでみたいのだけれど。
(要は「脱オタクファッションガイド」の正反対版だな。彼女にガンプラを布教するのではなく相互のコミュニケーションの入口として)

 あくまで「入口」なので、時間的に過大な負担を伴うパーフェクトグレード、ガレキのキットは避けたい。できればハイグレード、高くてもマスターグレードにとどめたい。

 あと、いくらモビルスーツ的に基礎といっても古びを感じすぎるものは避けたい。映画好きが『カリガリ博士』は外せないと言っても、それはちょっとさすがになあ、と思う。そういう感じ。

 彼女の設定は
モビルスーツ知識はいわゆる「宇宙世紀以降」的なものを除けば、ファーストガンダム程度は見ている
モデラー度も低いが、模型は好き
という条件で。
 まずは俺的に。出した順番は実質的には意味がない。


Zガンダム

 まあ、いきなりここかよとも思うけれど、「ファーストガンダム」を濃縮しきっていて、「Z以後」を決定づけたという点では外せないんだよなあ。キットの種類も多いし。
 ただ、ここでオタトーク全開にしてしまうと、彼女との関係が崩れるかも。
 この情報過多なモビルスーツについて、どれだけさらりと、嫌味にならず濃すぎず、それでいて必要最小限の情報を彼女に伝えられるかということは、オタ側の「真のコミュニケーション能力」の試験としてはいいタスクだろうと思う。


カプール(ZZガンダム)、カプル(∀ガンダム)

 アレって典型的な「オタクが考える一般人に受け入れられそうなモビルスーツ(そうオタクが思い込んでいるだけ。実際は全然受け入れられない)」そのものという意見には半分賛成・半分反対なのだけれど、それを彼女にぶつけて確かめてみるには一番よさそうな素材なんじゃないのかな。
 「ガンプラオタとしてはこの二つは“モビルスーツ”としていいと思うんだけど、率直に言ってどう?」って。


ジョニーライデン専用高機動型ザク

 ある種の本格派モビルスーツオタが持ってるスペースノイドへの憧憬と、MSV派生キットというのオタ的な考証へのこだわりを彼女に紹介するという意味ではいいなと思うのと、それに加えていかにもタミヤ・ミリタリー派的な

「架空戦記的なださカッコよさ」を体現するスラスター
「架空戦記的に好みなナチスデザイン」を体現するショルダースパイク

 の二つをはじめとして、オタ好きのするデザインを各所にちりばめているのが、紹介してみたい理由。


スペリオール・ガンダム


 たぶんこれを見た彼女は「竜神丸だよね」と言ってくれるかもしれないが、そこが狙いといえば狙い。
 この系譜のモビルス−ツがその後続いていないこと、これがキット屋の間では大人気になったこと、キット屋の間ならガレキになって、それがワンフェスで5万円ぐらいで売られていてもおかしくはなさそうなのに、日本国内でこういうのがつくられないこと、なんかを非オタ彼女と話してみたいかな、という妄想的願望。


アッシマー

 「やっぱりモビルスーツは子供のためのものだよね」という話になったときに、そこで選ぶのは「バウンドドック」でもいいのだけれど、そこでこっちを選んだのは、このモビルスーツにかける大河原の思いが好きだから。
 断腸の思いで削りに削ってそれでも無理やり変形、っていう機構が、どうしても俺の心をつかんでしまうのは、その「捨てる」ということへの諦めきれなさがいかにもオタ的だなあと思えてしまうから。
 アッシマーの変形を俺自身は冗長とは思わないし、もう削れないだろうとは思うけれど、一方でこれがカトキや永野だったらあっさりな変形にしてしまうだろうとも思う。
 なのに、各所で無理やり変形させてハンバーガーのような飛行形態を作ってしまう、というあたり、どうしても「自分のモビルスーツを形作ってきたものが捨てられないオタク」としては、たとえ大河原がそういうキャラでなかったとしても、親近感を禁じ得ない。ハイグレードキット自体の高評価と合わせて、そんなことを彼女に話してみたい。


ザクタンク


 今の若年層でザクタンクを見たことのある人はそんなにいないと思うのだけれど、だから紹介してみたい。
 MSVよりも前の段階で、大河原の哲学とかモビルスーツ・デザインとかはこのモビルスーツで頂点に達していたとも言えて、こういうクオリティのモビルスーツがテレビアニメでこの時代にかかっていたんだよ、というのは、別に俺自身がなんらそこに貢献してなくとも、なんとなくモビルスーツ好きとしては不思議に誇らしいし、いわゆるガンプラのボックス絵でしか大河原を知らない彼女には見せてあげたいなと思う。


ケンプファー

 出渕の「目」あるいは「線づくり」をオタとして教えたい、というお節介焼きから見せる、ということではなくて。
 「終わらない強襲的コンセプトで毎日戦う」的な感覚がオタには共通してあるのかなということを感じていて、だからこそ逆襲のシャアにおける『αアジール』の任務はケンプファー以外ではあり得なかったとも思う。
 「強襲的コンセプトで毎日戦う」というオタの感覚が今日さらに強まっているとするなら、その「オタクの気分」の源はケンプファーにあったんじゃないか、という、そんな理屈はかけらも口にせずに、単純に楽しんでもらえるかどうかを見てみたい。


ズサ


 これはミサイルだよなあ。ミサイルが火を噴くか否か、そこのスリルを味わってみたいなあ。
 こういうおもちゃ超合金風味の武装をこういうかたちでモビルスーツ化して、それが非オタに受け入れられるか気持ち悪さを誘発するか、というのを見てみたい。


ガンダムGP01 フルバーニアン

 9機まではあっさり決まったんだけど10機目は空白でもいいかな、などと思いつつ、便宜的にゼフィランサスを選んだ。
 Zから始まってフルバーニアンで終わるのもそれなりに収まりはいいだろうし、ファースト以降の高機動モビルスーツ時代の先駆けとなった機体でもあるし、紹介する価値はあるのだろうけど、もっと他にいい機体がありそうな気もする。
というわけで、俺のこういう意図にそって、もっといい10機目はこんなのどうよ、というのがあったら教えてください。

「駄目だこのモビルスーツマニアは。俺がちゃんとしたリストを作ってやる」というのは大歓迎。
こういう試みそのものに関する意見も聞けたら嬉しい。


 注:

 これは、改変ネタです。
 あと、わたしはキットオタクではなく、モビルスーツオタクなので誤解なく。わかりにくいので、キットオタクの設定で書いております。


 Via アニオタが非オタの彼女にアニメ世界を軽く紹介するための10本
| | 02:12 | comments(1) | trackbacks(0) | 昨年の記事
ニコニコ動画は終了しそうなのだけど・・・


誰も何も言わないのは不思議だ・・・。
ちょっと今、このへんで情報操作が多すぎて、気持ち悪くなっている最中・・・。とりあえず、事実だけはき出しておく。
| | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 昨年の記事
ちょっとしたネタ、というかアイデアというか、やっぱりネタか・・・集を作ってみた

 なんか、ちょっとした思い付きというか、ネタというか、取り立ててエントリーにすると重くなるのでめんどい、けど、まあ、捨てちゃうのももったいないなあ、と思えるネタがなんかここ数日の間にたまってきた。
 どうしようと思ったのだけど、とりあえず、ここに放出しておく。

 ■労働の流動性確保の方法

 これは大企業はグループ企業内でやっているのだけど、出向ルールは、企業間でもっとあってもいいのではないだろうか・・・。
 例えば、企業間トレードOKとか。
 例えば、期限付きトレードルールとか。

 解雇の何が悪いかというと、企業は人を採用するコストがかかって、労働者は仕事を探すコストが掛かることのような気がするんですよね・・・。
 あと、突然やってくると両方とも不安定になること。
 というか、これで日本企業は派遣会社にずぶずぶにされているの気づいていないのかな(笑)。全く、ばかげたことなのだけど。
 なので、移籍先リストとか企業ごとに作って、切れ目なく人材が移動できるようにはできないのかなあ・・・。
 ちょっと上司と折り合いがついてない人材をどっかに2年ぐらい避難させるとか。
 あー、もちろん、移籍は労使の合意の下で。
 と、ちょっと思った。
 まあ、やりすぎるとぐちゃぐちゃになるのですが・・・。


 ■市販ボードゲームをオンラインで合法プレイする方法

 そんなことどうでもいいですか。
 まあまあ、一応書いておく。

 こんど、ディプロマシーが再販になるらしい。
 ホビージャパンから。で、わたしなどはディプロマシーの姉妹ゲームのマキャベリを鬼のようにやったのだけど、これは、当時マキャベリしか手に入らなかったから(笑)。

 そういうのを見るたびに、思うのは、
 というか、てめーらちゃんと買って遊べ! ということ。

 で、オンラインで遊ぶのはいいんですよ。
 誰かが買ってるなら。でも、そうじゃないのはさすがにムカッときます。買わないと、ボードゲームは消えちゃうんだよ! アクワイヤとかわたしは一度も見たことがない、四大聖典の一つなのに・・・。
 (どうでもいいが、アクワイヤは旧版と新版があり、聖典とあがめられているのは旧版の方。ゲーム仲間の間では、エンシェント・アクワイヤと呼ばれていた。まあ、エルダー・アクワイヤでもいいんですが。ほんと幻の作品だ・・・)

 で、考えた。

 誰かがマスターになって、マスターの家に実物を置いて、それの写真を撮りながらプレイを進めていく。
 名づけてPicChatPlay。

 んー。
 案外これでいいんだよな、と思ってしまった・・・。
 超合法(笑)。


 ■簡単に日本の政治をよくする方法

 これは結構シンプルかもと思ってしまう。
 ぜんぜん難しくない。

 ブログを書いている人が次の三つの宣言をする。
 ・必ずわたしは選挙に行きます。
 ・わたしは毎日政治を注視しています。
 ・よく考えて投票します。

 まあ、投票率が上がりそうな気配があれば、浮動票に注目が集まるわけで(この辺はお分かりか?)、結局、健全な浮動層が健全に行動すると、政治はよくなるはずなんだよね。

 なので、まあアクションに落とし込めば、あんまり評判はよくないけどホワイトバンドみたいな形で募金を集めて、健全な浮動層構築のために、啓蒙活動をするという感じかなあ・・・。
 問題は、これで特定の利益を得る利権が発生しないことなのだなあ(笑)。種金をどこかが出すとしたら、適当なところってあるかなぁ・・・。
 
 現行の日本の政治システムが健全に動くことのみに利害を一致させるファウンデーションって、つまり、機能が働くこと以外はポリシーを持たないゆるい利害集団って、なかなか作れそうで、作れなそうで、面白いなあ、と思ってしまう。


 こんなところで。
 あー、すっきりした(笑)。
| | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) |